« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

いつまでもあるとおもうな○と金

ですね。

○には親が入るんですけどね。

今日、嫌な夢を見た。

変な夢だった。

僕とばあちゃんが、同じ町内のたばこ屋のおばちゃんの家に訪ねて行った夢だった。

もちろん、たばこ屋のおばちゃんとはそんなに親しくないし、家に行った事もないし、ばあちゃんが親しかったという事もない。

夢では確かに親しかったのです。

それで、家に行ったら

「久しぶりやなぁ」

とか

「あの頃はよかったなぁ」

的な当たり障りのない事ばっか話してた。

ちなみに、たばこ屋のおばちゃんは商店街のようなところに引っ越していた。

もちろんそんな事実はない。

おばちゃんも元気そうだったけど、ばあちゃんも元気だった。

僕は二人の会話に辟易してしまって、一旦出かけた。

帰ってきたら…

ばあちゃんの様子がおかしい。

どうもさっきまでと様子が違う。

会話がおかしい。いつもはゆっくりだけどちゃんと話すのに、てかさっきまでちゃんと話してて昔を懐かしんでたのに…

今は顔の筋肉の動かし方を忘れてしまったような話し方で、呂律もまわっていない。

同じ事を何回も言うし、何回も聞いてくる。

時間、や日付も言えない。

間違いない…

これは「認知症」だった。

僕自信が現在一番恐れている事が起こった瞬間だった。

これほどの喪失感とは思いもよらなかった。

そして混乱しそうな頭を必死に落ち着かせてとりあえず整理することにした。

「落ち着け、落ち着け、この状況はいままで考えなかった事ではないはず。」

そう、ずっと危惧してきただけに、何度も考えた事がある。

そして、まず始めにした事は

「認知症」を受け入れること。

これから起こるであろう問題や労働。

僕はかつて施設で働いていた。そういう事は他の人よりも詳しい。

とりあえず、ケアマネージャーに連絡して、ケアプランも立ててもらわなくてはいけない。

初期のはずだから、まだら認知症のはず。

そしたらまだ、思い出すというか、正気に戻る時も多い。

その間に全てを受け継ぐ事も出来る。

あれこれと、更に来たるべき時の為に覚悟をする事もできる。

ケアプランによっては金額もかかってくるかもしれない。

金額ならまだいい。払えば済むから。

他の場合、つまり、介護による拘束時間の増加。

これが一番やっかいだ。

そんな事を考えながら。

認知症が進んでいく状態を目の当たりにして僕はいいようのない切なさを感じずには居られなかった。

どうかこれが夢であってくれあってくれあってくれ…

そう考えていたら。

夢でした。

「あ、これ夢やわ。よく考えたらたばこ屋のおばちゃんはうちの町にまだ住んでるし。引退したから店閉めてるし…」

「って今何時やねん!!」

危うく遅刻でした。

もうやばいやばい。身内のしかもリアルな夢だっただけにもうなかなか冷めれなかった。

子供の頃見る悪夢とはまた違う悪夢だ。

こっちの方がたち悪いから嫌だな…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

本当に効くのか?

効くかどうかは…恐らく効かないのだとは思います。腹筋600回と同じ効果とうたってる電気の腹筋マシンがあるんですけど、これはこれは…

ネットでは酷評ですね。

本当に効くかどうかは定かではないですが、僕がやってみたところ。限りなくブラックに近いグレーですね。

腹筋と一緒にやったら効果がありそうなので、今後ちょっと腹筋と一緒にやってみます。

そのままやったんじゃ、30回やるのよりも収縮運動できてないわ、これでは。

おそらく、明日に筋肉痛にもならんでしょう。

なんか、このCM、プライムでもやってたけど、胡散臭さ№1でしたからね。

買わないでおこうと思ったのですが、偶然通りかかったサイトで、一式4050円だったので、ついつい買ってしまった。

モノは試し。

という考えが出てしまったのですね。これは衝動買い以外の何者でもないです。

とはいうものの、道具はすべて使いようですからね。

さっきも書いたけど、腹筋運動するときに同じようにつけてたらうまく作用したら、ものすごい効くかもしれない。

ちなみにレベル4ぐらいが今のところ限界です。

5にあげたら死にそうになった。

取り説にも1週ぐらいは4でガンバレとかいてあったので、とりあえずそうするつもり。

これで劇的に子の腹周りの脂肪がガンガン取れたらめっちゃすごいな。

あまり期待せずに続けていくことにする。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

呼んでもらってありがたいです

今日は休みだったのですが、姫路花田の仲良しグループに誘われて姫路まで行ってきました。

行った事無い店だったのですがまあまあおいしかったです。

楽しく食事をして、楽しくお話して、帰ってきました。

ミワ先輩は楽しく仕事をしてるみたい。

アルバイトさんたちもそれなりに楽しく厳しく仕事をしてるみたいで嬉しいです。

みんな元気でよかった。

次長に不満たらたらのようでしたが。あの人はそういう人だからと言ったらちょっとは納得してくれた様子でした。

それはそれでどうかと思うけども。

姫路花田はオープン前からみなさんとやってきてたから、すごくやりやすかったし、自分のやりたいようにやってきたのですが。

三木志染に来てからはそうはいかないです。

店長によって左右される部分が大きいですが、何か生ぬるい。

せっかくみなさんやる気でいてくれるのに、何か違う。

空気が違う。

こんななあなあでは姫路の皆さんは仕事をしていなかった。今もそうでしょう。

まあうちの店の事はどうでもいいです。

姫路花田のみなさんが懸念しているのは、今の店長が移動してしまって、これまで作ってきた店の秩序がある程度入れ替わってしまうかもしれないという事です。

担当者はある程度自分達の裁量に任されてるし、アルバイトさんたちも、ミーティングをとおしてレベルアップしているし、情報の交換がなされてる。

今のままだったら充分、問題が起こった時に対応できるけども、もし上が変わったらそうはいかないかもしれない。

自店の指標というか道しるべというか。どこに向かって自分達が走って行ったらいいのかというのが、店長によって微妙に変化してしまうのが怖いのかもしれない。

本当だったら、何度も何度も言って聞かせて憶えてもらうところなんだけど、素直さと前向きさのある方々ばかりで、短期間でかなりのレベルまで来てくれている。

これは実はすごい事なんじゃないのか?みんな自分に自信を持って欲しいな。

この状態を長く続けて欲しいし、できればみんな仲良く、慣れ合いじゃなくね。節度を持って楽しくうまく回って欲しいものです。

どうすればうちの店はよくなるかな?一番簡単な方法は?

もっと熟考が必要か。

僕に負担が少なく、多くの人に効果がある方法は?

簡単には答えは出ない。

最近は24時を回る事が増えてきて、ブログの更新もままならない。

プライベートな時間も取れなくなってきてる。

仕事、超ハードです。

大丈夫です。

とはいってるものの、どこまで持つ事やら。分かりません…

とりあえず、先のお盆商戦に向けて気合いを入れなおさなくては…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

SFは作るのが苦手

空想科学っていうのは大体空想だから面白い。と思う。

ただ、空想科学っていうのは、空想だけに。あまりに現実から離れてしまうと、読者だったり、視聴者であったりがついてこれなくなる。

だから、テーマ以外の部分にリアリズムが必要になる。

スターウォーズや、鋼の錬金術師や、時をかける少女もそうだと思う。

SFの面白さのほとんどは「SF以外の部分」なんだけど、リアリズムっていうのか、質感が想像できる事がポイントだと思う。

人によってはSFの方が書きやすいという人もいるみたいだけど、どう考えてもSFは書きにくい。

なぜなら空想というか、何というか、実際にはできたことのないような事をさもできるかのように書かないといけないという点が難しい。

つまりは、非現実的な事をさも現実かのように書かなくてはいけないという事です。

それは、ライトセイバーを使っても不思議ではない環境を作る事だったり、武空術が使えても変じゃない世界だったり、ヒーローが拳銃を振り回してもそれが正義だったり…

そういう事です。

その辺の人がライトセイバーを振り回していたらもうめっちゃ怖いですよね。

空中で戦ってる人何かいたらもう世界で有名どころの騒ぎじゃないですよね。

拳銃なんて警察でも振り回せないのに一般人が持ってたら即逮捕ですよね。警察でも始末書ものですよね。

だからって、この世界では上の事がOKなんです!とは書けないでしょう?

ライトセイバーがあるなら、宇宙船があるし、他の武器もある。

空中で戦える人間は一人じゃなくていっぱいいるから珍しくもない。

犯罪者もがっつりピストルを使うから警察もバンバン使う。

という事を自然に出さなくてはいけない。

うーん、子らが一番難しい。

だって近未来ならまだしも、未来になると言い方も違うかったり、いい道具っていうのはどんどん作られていくから。

ドラえもんのポケットの中にあるものが明日にはできるかもしれない。かといって、ドラえもんの道具をポンと出しても全然現実的ではない。

アクシデントもSFでは現実世界で起こる事も起こらない事も往々にしてある。

そう言うところをかんがえて書くなんて言う事はなかなかに難しい。

想像できるだけに難しいんです。

かんたんに想像できる=頭の中に強く出過ぎて穴が見えなくなる。

ですからね。

だから、第三者に読んでもらって初めて気がつく事っていっぱいあるんですよね。

それが核をなす部分だったらもう最悪です。

なんかそう言う事になりそうでSFっていうのは考えるのが苦手です。

ミステリーは違いますからね。

現実世界を描くわけですから、前提を作り出す必要もないし、核をなすぶぶんが崩れ去ったりということもほとんどないです。

気楽にできるかというと、SFに比べればそうかもしれませんね。

まあそんな偉そうなこと、趣味で描いてる僕が言ったところで、偏見でしかないんですけどね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

ついに買ってしまった。

RD潜脳調査室のDVDBOX第4弾!!

改めて見てみたのですが。

今までエンディングはどうかと思うと言っていましたが…

あ、いいやんエンディングも。

と思いました。

以前も書いたかもしれないですが。

あまりDVDを買おうとは思わないのですが、この完成度の高さに買わずには居られなかった…

贅沢品だと言われればそうなのかもしれないですね。

会社の同僚の人たちは結婚してるので、こういう事にお金を使えないそうです。

そう思ったら自由にお金を使えるのはいいことなのかもしれないですね。

使う金を貯めれたらいいのかもしれないですが、こうやって残ればそれはそれで何度も見れるからね。

鋼のDVDもそう思って買ったのですが。

何かリメイクが出てしまって。テンションはガタ落ちです。

内容は断然始めの方のがいいんですけどね。

RDもリメイクとか続編とか出ないかな?今流行りのセカンドシーズンとか…

まあ、物語の重要人物がああなってしまってはなかなか難しいのかもしれないですけどね。

RDの他にのだめも集めているのですが、これはこれで完成度高いです。

でもこういうのって欲しいのがどんどん増えていきそう。

だって、既に今頼んでるDVDBOXもあるし…

できれば「ガンダム00」についても…やっぱりあれやこれやと言い出したらきりが無い。

サンレッドについても欲しいし…

何か時間を気にせずにゆっくりと何度も見れるというのがいいのかもしれないですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

だから漫画は嫌なんだ…

文庫本が好きな僕はそれでも漫画が嫌いなわけではないんです。

本当は。

でも、今日なんですけどね。

ふだんあまり読まないんですけど、漫画の単行本が大分たまってると思ったので本屋に買いに行ったんです。

でもまあ、始めに目につくのは文庫本の最新刊です。

あれは目に毒ですね。

お金のある時に見たら本当に買いたくて仕方がなくなります。

とはいえ、今日の目的はたまってきた漫画の単行本を買いに来た事。

涙をのんで諦めようと思いました。

だって、まだまだいっぱい山積みに読んでないのがあるのに、読み切る頃には中古本が出てると思うし…それでも出会わなかったら…と考えるのはとりあえず止めました。

中途半端に単行本を集めたままにしとくのも嫌だしね。

そんな事を考えながら、集めてる漫画の新刊を片っ端から取っていった。

そのうち、あ、これ…

買ったかな?

何か見た事あるし、多分買ったな。だから、この次の巻のここからやな。

あ、これも、どうやったっけ?

見た事無いな、買ってないよな…

そうして16冊…

家に帰って驚愕

4冊もかぶってる…

かぶりすぎやろ!!

と自分で突っ込んでしまいました…

思えば、以前からそう言う事はあったのですが、一気に買う事が無かったので…

まあ、そういうかぶった本は大体トイレの本棚に行くのですが…

でも一冊500円するのにもったいない事したなー

ちゃんと見てから買えばよかった。

長編小説はなかなか何十冊になったりしないので、覚え切れるのですが…こういう漫画は本当アコギな商売ですよね。

あんまり進まない上に、単行本も何冊もある。

刊行も多いんだけどやっぱり納得できる内容でもないですし、最近は不満ばかり。

まあ

そんな事を批判する事よりもちゃんと覚えて買う方が遥かに自分の為ですけどね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

夏だからなんだ?

夏だろうと冬だろうと…

僕は毎日同じだ。

夏にはお盆があって、冬には正月がある。

家では寝てるか、手伝いしてるか本を読んでるかのどれか。

味気ないように感じるかもしれないですが。

これが実は結構楽しい。

掃除好きなんですよね。僕

きれいになったら心もきれいになった気がする。

あくまで気もちだけですけどね。

実際はけっこう黒いので。

話は戻るけど、夏と冬でどっちが好きかというと…

そうですね、夏の方がいいかな?

夏は暑いけど、長袖きないといけないけど、それでも冬に比べればやぱり生活しやすいし、冬は…寒いし、指先が凍ると痛い。

風邪もひきやすくなるし、ついつい食べ過ぎるのも冬のような気がする。

やっぱり夏がいいかな?

長袖一枚だとあんまり薄着な気がしないですけど。夏は薄着ができるしね。

冬は重い。

足もなんか重くなる気がする。

冬にもいいところはいっぱいあるけどね。

比べたらやっぱり夏なんでしょうね。

というさしさわりのない話でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

着メ口

ずっと思ってたんですが、着信メ口ディって恥ずかしくない?

僕は超恥ずかしいです。

今日も店でお客さんが着メ口鳴らしてたけど、それがZARDの「負けないで」でした。

いい曲ですよ、いい曲ですけど、何かめっちゃ聞いてる僕が穴があったら入りたくなってしまった。

他の人はどうなんでしょうかね?

僕は無理です。

と言いながら僕も着メ口セットしてますけど…

でも普段使うのは着信音1です。

一番下の弟は「二つの唇」をフルでダウン口ードしてずっと使ってる…

恥ずかしくないらしい。

弟の友人はメールが届いたら「ねづっちです!」っていってる。電話が鳴ったら「整いました!」っていう着ボイス…

今風といえばそうですが…

ねづっちで思い出しましたが、早く謎かけができるように考えたんです。

こうすれば謎かけをクリアできる!というやり方。というか、プロセスを考えただけですが…

恐らく、ねづっちが考えてるのは

「お題」+「共通点」=「整いました」

ですよね。

つまりは「解く」は何でもいいんです。

お題が今手元にある時計だったとしたら。

「クォーツ時計」とかけまして「姜子牙」と解きます。

その心は

「どちらもまわりがいい」

姜子牙っていうのは「封神演技」の主人公です。本によっては太公望と言った方が伝わるかもしれないですね。

本人は割合能力は低めなんですが、周りにいる仙人や道士にめぐまれて、見事に目的を達成するというお話。

何が正義で悪なのかとか、目的の達成し方とかは諸説ありますが…

僕の大好きな話の一つです。

話が大幅に逸れてしまった…

誰もが知ってるもので解かないと意味が無いな。

ぱっと思いついたと思ったのに…

じゃ「マウス」とかけまして「一等宝くじ」と解きます。

その心は!

「どちらもこうがく(高額・光学)です。

おお、これはなかなかじゃない?ということは。

①「お題」と「その心」の「同音異義語」が必要。

②もしくは「お題」と「その心」の「ダジャレ」が必要。

③「お題」は決められてるけど、「解くもの」は自由。

④出口は「どちらも○○です」が必要。

このねづっち謎かけは「同音異義語」の部分さえ何とかなれば、あとは単純な構造ですね。

毎回「どっちも○○」でいいんですから。

あとはいかに早く「ダジャレ」や「同音異義語」を「お題」から引き出すか、ですね。

「お題」がなじみ深いものであればあるほどつなげやすい。

「お題」と「その心は」が関連が無いものであればあるほど受けがいい。

ま、言うは易しですけどね。

ねづっち程も早く思いつかないし。

まあ、そのうち、早くなってやるけど。

あ、着メ口の話全然せんかったな…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

今日はもう眠すぎるので

また明日以降に今日の出来事を書きます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

田舎の景色

今日はばあちゃんが農協に連れて行って欲しいと言うので農協に行ってきた。

その間に僕は振込みしてきたので待ち時間はほとんどゼロだった。

そこで実感したのは、ばあちゃん、もう足腰がかなり弱ってきてるなってことです。

今、僕が出来る限り支えてあげてるつもりだけど、大切にできてるかどうかは分からない。

きっとそういう事って個人個人の考え方があって、感じ方があって、切りのない話なんだと思う。

ずっと付きっきりでいるのがいいという事もないし。

できない事だけども。

でも僕としては大切にしたい。あの、大切にしていないアダルトチルドレンたちの分も…

農協のあとはマックスに行って買い物をした。

そして帰ってきたのだけど。

10年前ぐらいにできた新しい山道を通って帰ろうと思ったけど、せっかくこっち側に来たのだから、ずっとむかしからある山道を通って帰った。

気が付いたらしっかりした倉庫ができてたり、鉄塔が全く無くなってたり。

行き止まりだったはずの道が繋がってたり、繋がってたはずの道が…

とにかく少しずつ変わってしまってるのにびっくり。

そんなに大したことではないのかもしれないですが、田舎の景色だから、少し変わったら何か少しさびしくなってしまう。

僕の中のこの土地の思い出とかが、少しずつだけど過去のものだと改めて強調されているようで、切なくなってしまった。

まあ、まだまだ、田舎ですから。恐らく、僕が生きている間はここは田舎のままだと思います。

先日もどっさりと紫陽花が咲いていて本当にきれいだと思った。

写真をとろう、明日こそとろうと思ってたけど、まだ撮って無い。

夜にしか帰れないからだ。

休みの日は一日疲れを癒すことで精一杯になってしまう。

最近は特に…

紫陽花、早く撮影しないと枯れてまう・・・

今は田舎は田んぼも緑、山も緑、山々の中ではセミが泣きじゃくっている。

いいなぁ、こういうの。

こういう日蔭のベンチで本でもゆっくり読みたいな。でも実際は…蚊がめっちゃいたり陽射しがめっちゃ強すぎたり、急に夕立がきたりしてゆっくりできないんだけどね。

それでも強行すると気分悪くなるし…

こんど、紫陽花はピークが過ぎてもたけど、田舎の景色は写メとってアップします。

携帯が変わったのでばっちり大丈夫だと思います。

それでは今日はこの辺で…

なぜかしらなけど、減ってきていた体重がまた戻ってきているのが気になる。

そんなに食べたっけな?

| コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

もう辞めよっかな。

と思わせることがあった。

今日は会議だったけど、それは何とかやり過ごした…と思う。

そこから、自分の所属の店に帰って、エンドをかえたり、メンテ登録したり…

バックルームの整理整頓したり…

まあ、帰ってきた時は、いや、帰る時にはもう日付が変わってた…

そんな生活が嫌なんじゃないんです。

こんなのは別に毎日こうですからね。

今日嫌だったのは上司の方に

「商品出しきれへんから、余分に持とうとしてる分とかも発注せずに、発注件数を減らしてくれ」

と言われた。

僕は元より余分な分なんてないと思ってたので

「へ?」

って感じでした。

事実として、ほとんど残品も出ない(1日に2アイテムあるかないか)

例えば?と聞きなおした。

「贅沢微糖とか、エメラルドマウンテンとか。あんなん3ケースとかいらんやんか。」

「ええ?いらないですか?あれはまとめ買いがあるから持っとかないといけないやつだと思うんですけど?」

「だから、明日人がおらへんから出されへんってなってるのに余分な分まで出す必要がないって言ってるんやって」

「いやいやいや、おかしいでしょう?そんなん第一出されへん日しかないのにじゃあいつ取ればいいんですか?そんなんしたら絶対売上下がりますやんか!」

機会損失というやつです。

つまり、売れ筋商品は多めに持っておいて、多少まとめて買い求められても補充できるようにするのですが。その多めの商品は普段出ないから取るな。という事です。

そんなんはグロッサリー係としては絶対できない。

これはやってられない。

あんまり力になってはくれないけど見方だと思ってたのに。

なんかめっちゃ裏切られた気分。

あーあ、仕事やる気なんかめっちゃ無くなってきたわ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

無理の無理無理。

今日かな?昨日かな?

うちの会社の小浜店に強盗が入ったらしい。

金庫のお金と、当日の売上全部持ってかれたらしい…

強盗なんて…

まあ、けがが軽傷だったから、まだよかったんでしょうけど…

とはいえ、人のものを強奪するなんて、本当にサイテ―ですね…

そんなタイミングで本部長に電話を入れてもた…それどころじゃないと思われてるかもしれない。

いや、真摯に対応してくれたと取るべきか。

僕自身の伝える努力が足らなかったと取るべき何だろうな…

今朝そんなことがあって、今日一日はかなりテンションが低めだった。

売り上げがあがってきてるのはとてもいい事なんだけど、それでも体力がついてこないぞ。こんなのは…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

アポイントって大切。

何だってそうなんですが、僕が大学生の時、教授屋に直接要件を言いに行った先生がいて、

その先生に烈火のごとく怒られた事があります。

コンコン

「失礼します、人文学部人間文化学科3年生の○○と言います。すいません、講義の事でお願いがあってきたのですが…」

「…君は誰だね?」

「えー人文学部人間文化学科の○○です。2限目の日本文化原論Ⅲの講義に出てます。」

「私が聞いたのはそんな事じゃないんだよ。君は、学部生だね、アポイントは取ってくれてたのかね?」

「いや…」

「取ってないのかね?アポイントを取ってて私が忘れているのなら私が悪いけど、アポイントも取らずにいきなりやってきてお願いを聞いてください?

君は私がいつでも暇だと思ってるのかね!ええ?自分の都合だけで世の中が動いてると思ったら大間違いだよ!君らはいつもそうだ!

お願いがあってきた?講義の事で学生が私の部屋に訪ねてくるのは出席の事かレジュメの事だよ、まだ、レジュメは2限目では配ってないから出席のことだろ?

5月で出席の事を言ってくるなんていうのはろくな学生じゃない。君もそうなんだろ?

私は、君からみたら暇に見えるのかもしれないけど、こう見えても忙しいんだよ。

こうして話をしてる時間も君の為に捻出してるんだよ。アポイントもとらずにやってきた君の為に。

就職活動か何かね?」

「はい…」

「職種は?業種は?」

「はい、これから増えてくるだろうと思われる社会福祉関連と、今アルバイトでやっているサービス・小売業です。」

大きなため息があった後。

「サービス・小売?福祉は高齢化社会になってくるから必要とされる職種ではあるけど、金銭的に融通が利かない、この先もそれはかわることはない。なぜなら、高齢者が高齢者を支える時代が来るからだ。働き先の無くなった60歳前後の健康な人は安い賃金で雇えるからね。でも、小売業コンビニやスーパーについては、人口が減ってきているこれから、群雄割拠の時代になってくる。入るならよっぽどの大手に入らないと生き残れない」

「はあ…」

「何でその2種にしたのかね?」

「福祉は高校の頃から少しずつ考えてきました。小売は高校から今もバイトしてて、その面白さを知ったので…」

「君、大学に来て誰にでもできる仕事を選択しようとしてるのかね?」

「いえ、誰にでもできるとは考えていませんが…」

「君が言った仕事は、誰でも数年間かければある程度のレベルまで行くことができる、頭さえ働かそうとしたらね。」

「では、何がいいんでしょうか…」

「そんな事も自分で考えられないのかね。」とため息。

「はい…すいません、すぐには出てきません。勉強不足です…」

「いいでしょう、4限目の授業は2年生の授業なんだけどね、もし受けたければ出てもいいよ、君だけ。」

と言ってレジュメを差し出す。

「ありがとうございます…」

「この本を読んだ事は?」

「ないです。」

「だろうね、最近の学生は本を読まない、私が作ったレジュメさえ字が細かいと言って読まないものもいる。だから読むのも遅い。文字は少なくならないけど、読むスピードは上げられる。それも時間をうまく使うテクニックだというのに…」

と言いながら本を2冊差し出してくる。

経済学の本2冊…

「君が何でうちの学部に来たのかは分からないけど、うちの学部の学生は就職に弱い。なぜなら、勉強が就職に直結しないからだ。この本を読みなさい。」

「ありがとうございます…」と持ってたリュックにしまおうとした。

「あげないよ、この本はこれから授業で使うからね。」

「あ、そうですか、じゃあISBNと題名をメモさせてもらいます。」

先生は時計をみる

「君と話しててもう昼休みは終わりじゃないか…」

あれこれ説教…いや、御教授頂いている間にこんなに時間が経ってたのか…

「私は次の授業があるからここまでだ。」

「はい、突然訪ねてきたのに、こんなに丁寧に教えていただいて、ありがとうございます。授業もできる限り出席します。本もしっかり読ませてもらいます。そのうえで分からない事があったら、今度はアポイントを取ってからお訪ねさせてもらいます。よろしくお願いします。」

「…君、なかなか素直だね、出身は?」

「小野です」

「小野?小野…県立の小野の高校出身か?」

「はい」

「そうか、なかなか君たちの年齢では人の話を素直にきけないものだ。それだけでも大したものだと思うよ。」

「ありがとうございます。それでは失礼させてもらいます。」

部屋を出る時もう一度「ありがとうございました!」

と言って出ましたが。もう先生の目線は机の上に向かって何かを書いていました。

という事があって、今の僕があります。

アポイントって本当に大切ですね。ってことが分かった瞬間でした。他にも色々得たなぁ・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

携帯じゃない電話

新しい電話を買いました。

もう25年近く使ってる電話です。別に使えないって訳ではないのですが、もう古いので、新しいのに変えます。

今度の奴は、今までのと比べたら2/3ぐらいの大きさできれいな白。

ばあちゃんにも使いやすいようにボタンが大きい。

今度の奴は子機を2台つけたので、僕の部屋と台所にも設置できた。

ばあちゃんは台所から僕を呼ぶ時は大きい声(のつもり)で呼んでくれるのですが…

聞こえないんです。

だから、子機でコールしてもらうようにしました。

何度かやってもらったのでもう大丈夫でしょう。

今日もちゃんと呼べてたし。

あと台所に設置した理由はもう一つ。

ばあちゃんの足腰では、台所から離れた玄関の上がりかまちまで行くのはやっぱり大変で、せっかく行ってもコールが切れてしまうっていう事がかなりあるのです。

僕が自宅に電話した時は必ず20コール以上は待ちます。

それでも息を切らしながら電話に出るばあちゃんに申し訳なく思ってしまう訳です。

だから台所に設置しておけば、僕が「遅くなるから晩御飯はいらない」って電話もやりやすくなる。

留守番電話も一応できるやつにしました。

電源は要るようになってしまったけど、何倍も使いやすくなりました。

少しずつ居心地のいい家にしていこう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

風を切って

久しぶりに外に走りに行ってきた。

あれだけずっと続けてたのに、不規則な生活に慣れてしまったのか、それとも、自分の限界を自分で作ってて少しずつ自分に甘えてきていたのか…

まあそんなことはどうでもいいんですが、ちょっと外の空気を吸いたくなったので走りに行きました。

えー車じゃなくて、自分の足で。

久々すぎて…あかんかった。

自分の感覚と体とのバランスがめっちゃ悪い。

走ってて今まで7分ぐらいで通過してた地点に10分以上かかってる。

しかもその通過点で息が上がってた事が今まで一度もなかった。

小野店にいるころに走ったり止めたりしてた時も全然大丈夫だったのに…

やっぱ歳なんかな?

いやいやそんな事はない。

走ってて…ケツがめっちゃでかくなってる事に自分でちょっと引いた。

何か足の付け根にケツ?が当ってるような(実際には当たってないけど)感覚に苛まれた。

ていうか通過点で息が上がってたんじゃなくて、通過点の前にもう既に息が上がってた。

当然、自分を切って通りぬけていくあの爽快感なんか全く感じられなかった。

走る上でなにが楽しいって言ったら、あの走りながら自分が作った風を感じながら走るって事が楽しいのに、

これではただきついだけだ。

だからといって、こんなになってもた体をほっておくわけにはいかないけども。

風を感じると、何となく風にもたれかかってる感じがするんですよね。

それが楽かどうかはわからないですが、その風を感じて走ってると、僕は耳が大きいのですが、その耳が風を切って走る音を拾うんです。

おもしろくなって、ちょっと飛ばしてしまうこともあります。

こうやって風を切るのが好きなのに、体が全くついてこない。風も感じない。

小学校の時、走るのがとにかく嫌いでした。中学校もそう。

だって早く走る方法が分からなかったし。なんとなく走るのが嫌だったんです。

そんな気分屋の僕が必要に応じてはしったりしてきてふと気がついたんです。

それまで顔を下に向けて走ってたのですが。

これは自分のみっともないはあはあ言う姿を誰にも見られたくなくて…結局は誰もに見られてるんですが、遅いし、はあはあ言ってるし。

そういうの、劣等感の塊だった僕には少しでも軽減できる方法だとかんがえたのかもしれないですね。馬鹿な子供の知恵でしょうね。

そして、ふと気がついたんです。

あ、顔あげると全然苦しくない…あ、姿勢起こすと全然楽。

かかとがケツにつくぐらいまで蹴り足を強くするとケツの反動でちょっと楽。

太ももを少しだけ意識すると前に進む。

あとはそれをどれだけ長く意識するか。

ですね。そんな事を考えながら走ってたら何か、いいタイムがでるようになった。

とは言え、陸上部にはやっぱり負けますけどね。

で、そんな感覚にも程遠いぐらい体力が落ち込んでる…

これは…ちょっと修正がここらで必要ですな。

骨盤矯正とかいってる暇があったらちょっと考えた方がいいな…

| コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

師匠におごってもらった。

今日は師匠に焼き肉をごちそうになった。

それで、日ごろの不満をブチブチと愚痴ってきた。

こんな状況なんです。こんなんなんですよ。本当もう終わってますよ…

で、結論は僕が動かないとよくならないというところに落ち着いた。

でも確かにそうよな。

開店してから3カ月強ですが、教育が施されているようには思えない。

みなさん、小野店での研修でそれぞれ学びとったものや、それまでの経験で得たもので何とかやってきていますが、その状態で果たして繁忙期は耐えきれるのでしょうか。

答えはNOです。

こんな状態では絶対にパンクしてしまう。

せっかくのチャンスを逃してしまう。

僕たち社員はまだいい、それなりに経験してきているし、その気になったら良い売り場も作れる。

アルバイトさんたちはどうだろう。そう簡単にいくのだろうか。レジ教育もそうだけど。

一般的な行動の指標であるとか、目標の立て方、この先に一体何があるのか。

年中行事、晴れの日はなにか。

EDLPとハイローの違いは?毎日安心この価格とまいどご奉仕品の違いは?

スペセレと上位5品目の違いは?

こういった細々した事の教育は全く進んでいない。

いや、進もうとさえしていないのかもしれない。

もう繁忙期まで一カ月もない。あっという間だ。

僕の頭の中だけでうだうだしている暇はない。

これから、少し厳しくなるかもしれないですが、やっぱり僕が立ち上がらなくては店が成り立たない。

少し出しゃばるのかもしれないですが。そこはうまく立ち回るのが僕でしょう。

今でも少しキャパシティをオーバーしてるような気がしますが。大丈夫。僕ならやれる。

僕がやらないと誰もできない。まずは行動あるのみ。

師匠、僕は頑張りますよ。

やってやります!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

携帯電話を

ついに新しくしました。6万なんぼかかりました。

たっか―…

でも分割買いました。

てか分割しか選択肢がありませんでした。

今まで何年も古いのを使ってきたので、使い方がいまひとつ分かりません。

てか、タッチパネルは予想以上に使いにくいぞ…

話題の携帯電話にしようと思ったのですが。止めました。

打ちやすさを優先させてキーボードになってるのにしました。

携帯電話とにらめっこしてると、時間が経つのが早い、いや、早すぎる…

何なん?2時間ぐらいあっという間。

これはいかん…早い目に慣れないと本を読む時間が無くなる…

こうやって書く時間もなくなる…

とは言え、今後携帯を何年も機種変更するつもりはないので、ゆっくりとじっくりと使いこなせるようになればいいんです。

まだ、使えない事はなかったけど、あの状態で修理してしまうと、この先何年も機種変しないと思うのでついに踏み切りました。

大切につかわないとな

某友人みたいに気にいらないからってすぐに新しいのには変えれないしな。

年収も低いし。

年収と言えば、ボーナス出ました。今日がボーナスデイです。

だから分割の必要もなかったのですが、結果分割に…

でも家族のある人らはボーナスがあっても手元にはお金が来ないらしいですけど、僕は独身なので手元に手取り分は残ります。

やったーと思うけども、そうそう使えないので、大切に使いたいと思います。

早速、ネットバンキングで定期預金してきました。

あとしばしの買い物。

あれが欲しい、これが欲しいのうちのDVDです。

「赤い糸」のBOXと潜脳調査室のBOXです。

これは譲れなかった…

あと本もいっぱい買いました。さすがにいっぱい買い過ぎて自分で自分を戒めなくてはいけないと思ってしまった。

でも、だれかさんと、だれかさんと、だれかさんみたいにパチスロ行ったりしないので、お酒も最近飲んでないし、タバコは元々吸わない。

あれれれ?

ものが残るぞこれは…

まだいいお金の使い方かな?

本やDVDなんかは全然役にたたないけどね。

そうなると、一番に考えなくてはいけないのは…エンゲル係数か…

収入のうち食費に対する割合。

高いな。

これは改善の余地ありやな…

目指すはまず、月刊30000円にしとこか…

今は、雑費もあるからよくわからんけど、多分40000ぐらい言ってると思う…

ちょっと落とそう…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

頭が固いのか

駄目なものは駄目なのか…

口蹄疫ですが、東知事が大臣に嘆願書を提出してました。

超法規的措置でもやってあげればいいと思わない事もない。

しかし、

これまで、泣く泣く家畜を殺処分してきた畜産農家の手前もある。

6頭の最高級の種牛を守る事、それは知事にとっては宮崎を代表する産業の廃業を意味する。

仕方が無いと思っていたが、あの大臣サイドのあの態度を見たらなんか嫌になった。

知事が

どうにか特別措置をして欲しい、県を、いや国の宝の産業です。どうにか考慮の方お願いします。

と言ったのに。

まあ、嘆願書はそこに置きたまえ、我々としては法に従うしかない。

の一点張り。

総理大臣も何も出てこないし、この不況の中、本当に補助措置だけでたちなおることができるのだろうか、畜産産業ってそんなに簡単なものなのだろうか。

たった6頭だけやろ?しかも感染もしていないとわかってる。

頭が固いというか頭どうにかしてるんとちゃうん?

大臣は知事に16日の解除も許可できないと言う事をちらつかせて、あれはいわゆるパワハラというやつですよ。

一件の畜産農家のために訴え続けて、移動制限のかかってる農家全てを敵に回すか、従うかの2択しかあの場ではしめされていなかった。

知事としては敵に回してでも続けたかったに違いないが、自治体の長としては苦渋の選択をするしかないんではないでしょうか。

なんとか、闇のうちにね、小説ではないですが、どっかの金持ちとかが、大型トレーラーで牛を運んですり替えてしまうとかいうのはできないのかな~

とか思ってしまいますね。

移動制限がかかってるから、あとタグがあるからちょっと難しいのかもしれないですけどね。

何とでもできそうな気がするんですが。

なんともできないのでしょうかね。国(大臣)の頭が固いのか、それとももともと無理難題だったのでしょうか。

それにしても、

従わない場合は行政代執行もあり得るとか…

あんな脅しめいた事、大臣が言っていいのか?あんなんパワハラやろが。

もっとマスコミ責めてもいいんちゃいますか?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

子猫がおらんくなった。

昨日の僕の心配をよそに、今日帰ってきたらもうおらんくなってた。

ちょっと安心したような、残念なような…

今日朝出る時には一匹だけぐっすり眠った子猫が残ってたのですが…

そいつは他の子と比べてもめっちゃ不細工でノミもめっちゃついてた。

もしかしたら、この子は親から嫌われてるのかもしれないな…

帰ってきてからもしここに残ったままなら、面倒みたげるか…

不細工と言ってもブサカワ程度やし、ノミなんて取ってしまえばいいだけやからね。

と思ってたのに、まあ、それも取り越し苦労だったという事で。

帰ってきたら空っぽになってた。よかった、別に嫌われてる訳じゃなかったんやね。

でも、今回僕は猫が好きなんやなって事が再認識された。

クロは全くなつかないし、いじめ猫のミクロは寂しがり屋でずっとひっついてくるし。

カンナは半野良やから絶対寄ってこないし。タマは…ほとんど見た事が無い。

よくわからん。

だから今僕が飼ってる猫は実際にはいないんだよね。

オトンに自分の言いたい放題ボロクソに言われたのが悔しいけど…

やっぱりタケオの事は僕の中でもすごく心の傷になってる。

それだけに決めつけてボロクソにオトンに言われた事は絶対に忘れられない。

まあオトンの事はどうでもいいわ。

とにかく、僕は飼いネコが死ぬのにもう耐えきれない。

ジュリーはどっかにいってまうし。それは雄猫だから仕方が無い事なんだとは思うけど…

そんなこんな考えがあっても、飼ってみるかな?と思ってしまうんですよね。

だから猫好きなんだなと自分で自分を再確認した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

みゅーみゅー言ってる

うちの猫のカンナが子供を産んだんだけど…5匹

そのうち、4匹は雌猫だったので、すぐに捨てられたみたい。

今頃野犬やテンやイタチの餌になってるのかと思うと心苦しい。

まあ、増えたら飼えないから、それはそれで可哀そうなんだけども。

それの残った1匹ですが、その子は何とジュリーと同じ色で同じような模様。

100712_001356

早速勝手にジュリーと名づけたのですが、他の家族が何と呼んでるかは分からない。

まだ目も開いてないので、ミューミュー鳴いてるだけなんだけど、かわいいなぁ。

置いてもらえてよかったね。

とここまでは和やかな感じなのですが…

なんだこのネコノミの数は…赤ちゃん子猫に60匹はいようかとも思える数のネコノミがついているじゃありませんか…

とってあげたいのは山々なのですが、カンナが唸っているので近づけません…

そんなこんなで傍観するしかないのですが。

そんな折

この前いると言ってたタマ(カンナの娘)が同時に身ごもっていたらしく、僕の部屋の階段を上がったスペースで出産したみたいです。

3匹生まれたみたい。

♂♀がどうかは分からない…

何せ近付いたらカンナが唸るのでね。

ぴゅーぴゅー言ってる。

カンナ、可哀そうに子供をすれられてしまったからか、タマの子供も1匹育てようとしてます。

タマ2匹カンナ2匹で子供を抱いてる…

ここから子供を取り上げるのは僕にはできない…

家族には黙ってるのですが、いずれは言わないといけないしな…

命は大切にしなあかんのやけど、子供が増えたら鼠算的に増えていく…だったら何で雌猫を飼うんや…

オスだけ置いてればいいのに…

増えてかなんやないか。

今はカンナもタマもかなりナーバスな状態なので近づく事はできないですが、時々赤ちゃんが棚からはみ出て転がり落ちる時があります。そんな時は優しくもどしてあげるのですが、それでも唸ってますからね。

そんなに怒らんといてーな。

仕方が無いのかもしれないですけどね。僕ら人間が赤ちゃんを取り上げてるからね…

3匹の赤ちゃんはどうなっていくのかな…

やっぱり問答無用で捨てられるんだろうか…

カンナ・タマごめんよ。捨てるしか手が無いねん…

でも、もうしばらく、もうすこしだけ一緒にいさせてあげる。家族に見つかるまでだけだけどね…

100712_001410

↑端の方で唸るカンナとぴゅーぴゅー鳴くタマの赤ちゃん。この奥にタマと赤ちゃんが3匹います…狭いところでばれないように必死なんでしょうね…

赤ちゃんが減ってた時のカンナの鳴き声は切なすぎて凹みます。思い出したくない…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

姿勢が気になる

それは昔からなんです。

今に始まった事ではないんです。でも最近めっちゃ腰が痛い。

ヘルニアなので姿勢矯正と適度のトレーニングが必要。

最近めっちゃそういう事に無関心だったのでね。

いざという時に結構そういう症状は出てきそう。だから今のうちに何とか姿勢を矯正しておいた方がいい。

という考えから、姿勢矯正ベルトをついに買いました。

通販で買おうと思ったのですが、ヘルニアの薬をもらいに行ったついでに診察してもらって、そこで買いました。

無駄遣いかな?今まではいらんと思ってたものだし…

柔道やってる時はヘルニアなんかにはならなかったのにな…腰は痛めたけども。

もしかしたら柔道は姿勢を良くするのかな?

確かに、柔道を止めてからO脚が進んでえらい事になってるもんな…

これも聞いたら骨盤が歪んでるからと言ってた。

そうか…確かに、動いてる時は真っすぐ寝たり右向いたら同じ時間左向くようにしたもんな。そういうのも無くなったし、テレビを移動させたり、自分スペースをあちこち動かしたりしなくなったから、ずっと同じ方向向いてたりするもんな。

本を読む時間も増えたし、じっとしてる事もふえた。

てか、運動もかなりすくなくなってるし、筋トレもしてない。

体重は減っては来てるけどまだ重いし。

おっとーこれはもしや、悪循環というものではないでしょうか?

やっぱり、この悪循環を断ち切るためにもこのベルトは必要なのかもしれないですね。

ちょっと脇の締め付けがきつい気もするし、夏はTシャツが…ですが

まあ、僕は背中は汗かかないし、いいっちゃいいか。もしかしたらこの矯正ベルトをつけることによって汗腺が復活するとか?いうラッキーがあったり?しないとおもうけども。

骨盤の方はこの上半身の方が効果があったら考えると言う事で。

お腹が出てきてるから、ちょっとシェイプアップしてからしないとぽっこりとなってまうし…

あ、もしかしたら矯正したらあれかな?やせるかな?

て、そんなうまい話はないか…

まあ、ちょっとやってみます。

3カ月が目安らしいので、とりあえず、3カ月続けてみることにします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

10年くらい前

斜向いの家が火事で焼けてしまいました。

原因はその家の息子さんが事業に失敗して、家に火を付けて首を吊って自殺した事だと翌日の新聞にはでていました。

正直、あんなところで、自動車整備なんてはじめてるなんて事、斜向いにすんでる僕も知らなかった。

車検もできたそうな。

とはいえ、当時僕は免許が某理由から無く、自転車で行動をしていたので、全く関心がなかったのです。

関心のない事は知識ゼロの僕ですから、まあ、そう言う事もあります。

で、何故のその話になったのかというと、

今度あそこの土地を買おうかという話をばあちゃんがしてきたからでした。

いやいやいやいや、そんな縁起の悪い土地、誰が欲しがるねん!

と言っているいのですが…

「200万円ぐらいするかのぉ」

と言ってました。

いやいや、そんな土地、20万でせいぜいやで、建物も、コンクリも残ってるし、古い家具とかも置いたまま。

取り壊したりあれこれしないといけないのに、200万円も出す馬鹿はいない。

その横の土地、小さいけど100万で売りに出してるらしい、誰も買わないと言っていた。

そりゃそうだ。

見た目にはその自殺した家の土地に見えるし、実際その息子さんがプレハブ置いたり、引き取った車を置いたりして借りてたからね。

やっぱり縁起が悪いんですよね。

ばあちゃんはお祓いしてもらってるから大丈夫と言ってたけど、無理。

あんな土地にそんな金出せない。

まだ資金が集まってないから無理と言ってたけど。あっても僕が買わせません。

20万円なら考えてもいいですけどね。

そんなもん、今も火事の後にちょっと整理してからそのままになってるし、あの土地の持ち主であるKさんは葉多町に住んでて。

建物の形もないこっちには一切帰ってこないらしいので、何か言われるまで勝手に使ってたらいいんちゃうん?

こんなクソド田舎の土地でしかもコンクリが半分だけしてあって、田んぼにできない土地やで?

世の中、あんな土地を欲しがるのはあなた一人ですよおばあちゃん。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

お久しぶりです。

今日は久々、姫路花田店の方々が三木志染店に来てくださいました。

超うれしいです。

だって僕がいるから来てくれたんですから。

とはいえ、せっかく来てくれたのですが、仕事中ですから、あまり盛り上げるわけにもいかず、僕としても、そしれみなさんにしてもちょっと物足りなかった感じだと思います。

短い間しかいなかったけども、それでも親ってもらって本当に僕は幸せです。

VSのMさん。典型的なO型人間だけど、真面目で、素直で、前向きな方です。

レジのTさん。お姉さん肌で、頼りになる感じだけど、本当は行動の支えになる人がいる強がりさん。強がりさんだからあまり大変な事は表に出さないタイプの方です。

事務所のMさん。細かい事まで気にしてしまう、ある意味繊細な方で、失敗がすごく怖い臆病なタイプの方です。悪く考え過ぎることがたまに傷でしょうか。

マテハンのKさん。雰囲気の癒し系?の方です、賢い方で、しっかりとしてる人です、自分の理想を持ってて、簡単な仕事ならすぐにこなせてしまう真面目な方です。機械類に弱いところがありますが…

日配のGさん。真面目で、言われた事は淡々とこなすタイプ、分からない事は細かい事まで聞いてくる、自分をよく知ってる方です。あまり前に出てこない控え目な方ですが、冗談も通じます。

よく考えたらみんなそれぞれ違う部門ですね…だからこのグループうまくいってるのかな?

三木まで1時間ぐらいかけてきてくれたそうな。

安全運転で来てくれたみたいで、帰りもちゃんと帰れたみたいで安心です。

相変わらず、姫路花田店には、変な方がいらっしゃるようです。

Tさんなんかは自分のレジにやってくる半ストーカーみたいな人も来るそうです。

ずっと話を聞いてもらいに来る方もまだ続けてこられるみたいですね。

僕は異動してしまったけど、店はずっとある。店で働いてくれてるアルバイトさんたちもずっといる。

もちろん定着したお客さんもいらっしゃる。

クレーマーも…

残念ながらね。

店をやっていく上では避けられない事です。

クレーマーの方は自身をクレーマーだとは思ってないんです。

むしろお店に対する被害者だと思っています。

もちろん、そういう場合もあります。お店が悪い場合もあるし、メーカーが悪い場合もあります。

あくまで、小売ですので、加工食品なんかはメーカーが作ったやつを店に並べてますのでね、

せんべいかじったら中からカミソリ出てきたとか言われてもメーカーに直接電話してもらうのとあままり変わった事はできません。

店で作ったのとかは、別ですけどね。店が悪いですが。

クレーマーは元々は本当はそういう被害者さんからなる事もあるそうです。

店側に謝ってもらって、場合によっては賠償、医療費負担、粗品などなど。腫れものにさわるようにやってもらえるので、その味をしめる…といったら変な言い方かもしれないですが、まあ、クレームを起こしたら相手してもらえる、しかも、起こした側は有意な立場に立つことができる。

そう言う事に快感を憶える方が、中におられるようです。

そういう方にも、他の方と同じように毎回毎回対応するしかないのです、酷くなってきたら渉外担当に相手してもらう事になりますが。

こちら側が強く反発する事はできません。

だってお客様ですからね。

この前も…クレーマーじゃないですが、

「いいふらしたるからな!!」

と言って去って行かれた方がいらっしゃいました。それはイオン水の自販機が朝から故障していた事が原因なのですが、現状では使用できない事をお伝えしたのですが…

「開店までにこういう整備をしとくのがお前の仕事やろが!」

おっしゃる通りです。僕はその時店に来てから10分ぐらいしか経ってなかったのですが、お客様の言われてる事は全くその通りです。

お客様の被害者様がクレーマーと化してしまって、事あるごとに重箱の隅をつつくように言ってこられたとしても、僕たちは謝る事しかできないでしょう。

一言でも「なにぃ!」と言ったとしたら…

もうすぐに「上のもん呼んでこい!」

ってなりますからね、最悪裁判沙汰になります。

僕たちはただただ信じることしかできません。それが商売なんだと思います。

僕は短い間しか姫路花田店に居なかったですが、それでも多くの事を学びました。

まずはクレームを出さない努力をする事。

それがいったいどういうものなのか、どうすればそれらを簡潔に整理できるのか、どうすれば完璧に近く防ぐ事が出来るのか。

地域性という言葉に甘えることなく、自身の能力をこれからも上げていかなくてはいけません。

自分で考えて実践して、改善して…その繰り返しですね。

これからもそうしてやっていくつもりです。

みなさん、今日は本当にありがとうございました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

今頃?

もう、期限切れであかんと思ってた。

ていうか、何であかんねん!という電話を入れようかと思ってたところだったんですが。

家電エコポイントの残り15000円分がやっと送られてきた。

恐らく、うちの会社でとまってたのではなく、政府エコポイントだから政府で止まってたんでしょうね。

もう大分前に出したっきりだったから。

何かの理由で没になったのかと思ってた。

無視されてるのかとも思ったけどね。

前のボーナスの頃に買ったから、あれから5カ月ぐらいほったらかしになっていたのでは?

まあ、もともと、降ってわいた分でしたけどね。

まだ、政権がかわってもエコポイント事業があったから送られてきたんでしょうね。

無かったらもう送られてきてないんじゃないかな?

とはいえ、送られてきたんだから、とりあえずは良しとしないとね。

小野店におる時に応募したから…てか小野から異動して4カ月だけども…

もうすぐ夏の一時金だ!!

あれもこれも欲しいものがあるけど、とりあえず、定期預金の金額を増やしたい!

頑張って貯金して、それで…

まあいいです。

とりあえず、いきなりお金が必要になる事もある。その時の為にちょっとずつでも貯めていかなくてはね。

いつまでも、独身貴族なんて言ってられない。

本は別やけど。

でも去年とは違って、今年はそれほどお金には苦労しなかった。

やっぱり借金を返し終えたのが大きい。

一昨年の冬季一時金でオカンの分が終わった。

嬉しかったなぁあの時は。

次の月から早速財形したもんな。

そして自分の借りてたのも刻一刻とかえしていった。

もう今では借金ゼロ。ローンもないです。

これがこんなに気楽な事とは思わなかった。

思えば、高校出てから予備校に入るのに国民生活金融公庫にお金を借りた。

そこから毎月の支払いが発生した。

それから13年間、青春時代といわれる年頃全て、借金返済というノルマが毎月課せられた。

僕だけがこうではない、だから、こんなところでくじけるわけにはいけない。

そう思って過ごしていました。

そこにきて、人身事故を原付で…

耐えきれない事が続きました。

高額の賠償、親は頼りにならない。

悲惨だと思いました。大学もその時は辞めることを考えました。

でも、じいちゃんとか、友人とか、多くの人の助けで何とか持ちこたえました。

同情するなら金をくれ!

そんなドラマが流行った時がありましたが、お金では得られないものがある事をこの時知りました。

まあ、今にして思えば良い経験だったのではないでしょうか。

いろんなものをかなぐり捨てて生活してたと思う。でもそれでも心がすさむ事無く生きてこれたのはやっぱり周りのおかげだったんでしょう。

今の方が何かすさんでる気がするけどね。

まあ、その経験からか、思った事を思ったときに言ってしまうようになってしまったのですが。

あと、ストレス発散は「人との会話」になったのもこの頃だと思います。

これらはマイナス面でもあるけど、工夫次第でプラス面にもなると思います。

今が完成形ではないですが、もっとマイナス面を消していけるはず。

素晴らしい人間形成のために…

まだまだですがね。

エコポイントが来るのが遅くて愚痴愚痴言ってる間は…

| コメント (0) | トラックバック (2)

2010年7月 7日 (水)

先日サッカー負けましたよね。

あんまり、直後に書くと気にいらないトラックバックがついたり、コメントがついたりするので、日付をずらしました。

朝起きたらやってたので見ましたが、負ける時はいつもの負け方だったんですね。

それでも、感動したとか、ありがとう日本代表とか…

あれ?ありなんですか?

いつも通りの負け方ですよ。決勝トーナメント行ったんならもう一回ぐらい勝ちたかったんじゃないんですか。

まあ、敗者にj鞭打つのもどうかと思いますが。

それでも代表の帰国後のあのヒーロー扱いは何?いや、確かに頑張ったし、多くの国民が応援したし、めっちゃみんな見てたのは認めるけどベスト16ですよ。

いろいろな考え方があるから、別にそれまで否定する気はないですが、

僕の考え方は、やっぱ目指せベスト8では気分的に燃えないです。

僕がテレビで見た限りでは、優勝をめざしていたのは本田君のみですね。

あとはベスト8を目指してる。

阿部君も中澤君もなんかベスト8ベスト8と言ってて…僕は恥ずかしくないのか?

と感じました。

競技人として優勝目指さないってどういう事なん?

って思ってしまいます。

こういうのって女性はあまり感じないらしいのですが…

僕はめっちゃ違和感ありましたね、テレビ見てて。

そりゃベスト8目指しててベスト16ならあと一歩やわ。

夢まであと一歩でしたが、すばらしい試合でしたね、おめでとうございます。

とアナウンサーが言ってたけども、

日本って優勝目指してないの?

少なくとも、本戦に残ってるチームは全員狙ってると思いますよ。

サポーターも優勝はうちだ!勝つのはうちだ!

ってみんな言ってた。

そういう人だけ撮ってるのかもしれないですが。

ベスト8って何か目指すのにめっちゃ低いと思いませんか?

そりゃ、オリンピックとはちがうのかもしれないですけど。

監督も何かベスト8がどうのこうのって。

オシムの時は優勝も絶対狙える!って言ってたのに。

国民性なん?

そしたら何でも8ぐらい狙うんか?

そんな事ないやろ。

ベスト8目指すからべスト16ぐらいでチヤホヤされるんじゃないのか?

しかも16って初めてじゃないやんか。2回目やんか。

はっきり言って、ベスト16まできたら優勝狙える位置やんか。なんやねん、狙えよ。

変更したっていいやんか。

少なくとも

「ベスト8目指してて優勝しました。」

なんて事は絶無い!そんなに甘くない!

イングランドとか、韓国とかは?そんなにチヤホヤされるか?知らんけど違うんちゃうん?

この大会で本田君は本当にカメルーン戦から優勝狙ってますと言っていた。

自信満々のプレーもすごいと思ったけど。

僕はそういう点の方がすごいと思った。やっぱり競技人はそうでないとな。

マラドーナみたいに両手に時計してたけど、まあそんな事サッカーとは全然関係ないことですから。

やっぱり同じやるからには優勝目指さないとね。

とまあ、僕の違和感を遅ればせながら発表しました。

ちなみに、後日本田君が自分の通ってた幼稚園に訪れたらしい。

いいね、そういうの。

本田選手どうだった?の質問に

「カッコいかった。」

と答えてた子供がかわいかった。

あー子供いいなー…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

できるものならやってみてくれ

と思うのは、来週に迫った選挙の事なんですが。

僕はもう自分の入れる党は決まってる。

人物はまだ目を通してないですが、これから見る予定。

で、選挙に向けて、ヤフーのトップページにマニュフェスト診断っていうのがあって、どの党があなたに合うのかっていうのが分かるという体で貼り付けられてる。

試しにやってみました。

7つの項目を10個(9党と該当なし)の選択肢から選んで一項目ずつ進んで行くという奴なんですが…

結果、5つの項目がバラバラの党、2項目がみんなの党でした。

もともとみんなの党に入れるつもりだったので、おお!!マッチした!

と思ってしまった。

で、面白い事に、現政権の民主党のマニュフェストは一っつも選んでませんでした。

さすが、アンチ民主党なだけあるな、僕。

と思わずには居られませんでした。

でも、常識や、少し知識のある人が選ぶとやっぱりこのマニュフェスト診断はバラけるぞ。

ぜひ、まねっこ政権はこういうのを少しずつまねして欲しいものですね。

今回の選挙ですが、争点があるようで、ないですよね。

国会も早々に解散してしまって…

管さんの人気のあるうちに選挙しようって事なんだろう。

麻生内閣の二の舞は避けたいところだったんでしょうけどね。

まあ、事業仕訳がうまくいってるのでね、それだけでも好材料なんでしょうね。

適当に法律を強行採決してもて、さっさと国会を終わらせてしまったのにはちょっと、国民としては国民の生活よりも選挙の方が大切なのか?と思ってしまう。

いや、政治家は概ねその傾向があるよね。違う人もいるけども。

まあ、その点では麻生内閣は正しい選択だったのかもしれないですね。

金融危機の真っただ中でしたからね。故)中川昭一財務大臣(当時)の総理への進言はむしろ日本にとって国民にとっての選択だったのではないでしょうか。

当時麻生太郎内閣総理大臣は党首選の直後の解散総選挙をねらっていたそうですからね。

ま、評価はされなかったので、何が国民にとって良かったのか、今となっては分からないですけどね。

とりあえず、みんなの党は自民党から出た党の他の新党改革とかたちあがれ日本とか新党日本とか国民新党とか、新党大地とかとは少し風が違いますね。

他の党を批判するだけではないですね。根拠を挙げてる部分が面白い。

上から目線で見ると題名のように、

できるものならやってみてくれ

と言いたくなってしまう。

だから今回はみんなの党に入れます。

兵庫4区?についてはこれから考えます。まだ誰の公約も読んでないからね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

渾身の清掃

今日は休みだったので昼からがっつりトイレ掃除をした。

水洗式になってからかれこれもう8年か…

あれから、便器についてはばあちゃんが少しずつやってたみたいだけど、それでも、もうそろそろ限界がきていたので

次の休みはトイレ掃除するから。

とばあちゃんに言っておいた。

なのに

そんな事お前にやってもらったらもったいないわ、私がやる。

と言い張るのです。

あかん、やっと調子戻ってきたのに、また無理したらぶり返したら何の事か分からんわ。僕がやるから置いとくねんで!

置いとくねんで!僕がやるから!

と言っていたのに、今日の昼過ぎに僕が掃除に降りてきたらもうすでに少し始めていた。

ていうか前から始めていたのでしょうが、あんまり進んでなかった。

このくそ暑い中やってるので汗をめっちゃかいていて、おまけにまたゼイメイが出てる。

もうほんまに無理するなよ。

僕はばあちゃんに一瞬でも長く生きて欲しいのに、なんでそんなんするんや。

とは言えなかったですが、とりあえず、僕がするからと言って止めさせた。

さあ、ここから僕のやりたいようにやります。

もうそれはそれは、悲惨な状態でした。

実はばあちゃんが今回出張ってきたのには理由があって…

この前体調を崩してたときにどうも、トイレを失敗したようなんです。トイレには行けてたのですが、間に合わなかったのかどうか…

とりあえずは気がつかないふりをしてますが、元気な時はいいですが。やっぱり体調が悪いとそう言う事もありますよね。

もう歳ですからね。

両親に見つかって無いのでその分だけはよかったです。

あいつらはそういう繊細な気遣いなんか絶対に持ち合わせてないからね。

子供の頃どれだけ傷つけられたか…

それはいいですわ。

元々、田舎のオッサンであるオトンは、水洗式に変わる時、それまでは汲み取り式だったのですが、

水洗式になるからと言って「換気扇はいらんやろ、水洗式ねんから」と言っていたけど。

すぐ下の弟と『え?水洗トイレってそんなに新型やっけ?』と二人でこっそりと言い合ったものでした。

おかげで匂いはこもりやすいね…

また換気扇つけよ…特に洋式の方。僕も使ってるし。

それでまあ、匂いはそう言う事なんだけど、壁もなにやらいっぱいカビってきてるし。

みんなが持つであろうスリッパの所の壁とかもめっちゃ手あかがついてきてるし。

手洗い場もめっちゃカビってきてるし。その上の鏡ももうめっちゃ汚れてぼんやりとしかうつらんし、一瞬あれ、コンタクトしてなかったっけ?と思ってしまうほど…

天井とかもなんかクモの巣がしかもそのクモの巣はもう主がいなくなってるやつが、だらしなくあちこちについてる。

そこかしこの壁にはモスキートを叩きつけた死骸が張り付いてたり、何のものか分からない汁?それともトイレだけに…

と思わせるようなのがひっついてる。

今まで見てみない振りをしてきたけど、風水の基本ですしね。

でもいつかやってやると思ってたのです。

やっと決心したのです。

それらを6時間かけてめっちゃきれいにしました。

じいちゃんが死んでから台所を掃除した時は25年からの汚れがついてたけど、今回のトイレはたった8年、屁でもなかった。

というのは半分冗談で、覚悟してたよりも全然きれいになったので、やっぱ大変だったけど。諦めないといけない汚れがゼロだったのでやる気が継続できた。

7時になってしまったけど、それでもめっちゃきれいになった。

そこからダイソーに行って、サティ行ってあれこれと、買ってきた。

100706_000045 これが和式の方、シミになってる所は無理だけど諦めポイントというよりは、これは水洗式になってほどなくついたシミなのでカウントには入れてない。

タンクの上のトイレットペーパーが気になるから今度おさまりが良い感じの事を考えるとする。

100706_000224んで、これが奥の洋式の方、敷物買ってきて、本棚買ってきて、トイレットペーパーのカバー買ってきて…

そして、今回ついに、洋式の方にウォシュレットがつきました。

イェーイ!!パチパチパチ!!

本当はそんな名前じゃなかったのですが、その方が伝わると思ったので。パナソニックのやつですからね。ウォシュレットは商標登録してあるそうです。

どうでもいいですけど、

弟が教えてくれました。

はぁ、という事でめっちゃきれいになったトイレを見て僕は満足満足という訳です。

基本的に、オトンとオカンは和式が好きみたいで、和式ばっか使ってるので。

掃除するのにパワーがいりました。

あいつらの使ってるの何か掃除するの嫌やな…

という気持ちが少なからずあったからです。

でも頑張りました。中途半端はよくないですからね。

ああ、久久に長くなった。今日はもうこの辺で…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

まだ読んでないのに…

今日、飯田裕久さんがお亡くなりになったそうです。

刑事ドラマの監修を主にされてた方なんですが、姫路花田店にいる頃に近くの古本屋で「警視庁捜査一課刑事」という本を500円でゲットしたんですが、実はまだ読んでないんです。

この次読む予定でもなかったんです…

恐らく2ヵ月ぐらい先だったと思うのですが。

その本の著者が飯田裕久さんという訳なんです…

縁あって出会った本なので、読まないなんて事はないんですが、もっと早く読んでおきたかった。

別に、著者がお亡くなりになったからと言って、内容までが死んでしまうという事ではないんですが、

例えば、この作品が面白かったとして、次の作品を期待してしまうのは僕だけでしょうか?

お亡くなりになったらもう、その人の新作なんかは読めない訳で、そこでストップしてしまうんです。

例えば、感銘を受けて、お会いする機会があったかもしれない。

こちらから接触することになったかもしれない。

それは言い過ぎだったとしても。あう合わないは別にどうでもいいけど。

普通にテレビドラマでも生きてる人が出てるのと既にお亡くなりになってる人が出てるのとでは、やっぱり、生きてる人の今後の方が気になるでしょう?

そう言う事です。

本も同じですよ。

読んでてもただただ

「残念、続編もないし、継ぐ作品もないんや…ああ、残念…」

こんなん思いながら読むのはちょっとね…

だからって生きてる人ばかりを読んでるわけではないから、そういう部分を否定してるんじゃないんです。

言いたいのは、自分が読まなかったせいで、この本は続く事が無くなってしまったという事ですよ。

内容ではなくね。

本っていうのは書けば書くほど洗練されるものだと思っているので、内容が続いてるとか短編集とかそういうのも、著者を通じて繋がってる。

この考えの元ではこんな考えになるのです。

この考えの中にはなんか希望みたいなものが含まれてるんです。

将来この作品よりももっとすごいのが出るかもしれない。もっと面白いのがでるかもしれない。

既にこの本も面白いかもしれない。

ああ、残念です。せっかく出会った本を読まないままにその本の著者がお亡くなりになってしまうとは…

なんかまだ足りないな。

今まで生きてる人の本を読んだ時は本を通じてその人をしっかりと感じてたのかもしれないですね。

それこそ、永遠に来ないであろう対面の瞬間や、テレビで見る時とかの為に自分でイメージする著者の考え方や生き方や性格そのもの。

そう言うのが嬉しかったのかもしれない。文章にはそういうのがのっかってる気がしますからね。

だからかもしれないですね。

昔「ひょっこりひょうたん島」を生まれて初めて見ようとした時に「サンデー先生」の声優さんがもうお亡くなりになってるねんで。と、ほんまか嘘か分からん事を親に吹き込まれた時の感覚に似ている気がする。

「ええ~今からサンデー先生がどんな人か見るのに何それーなんかドン引きやわー」

みたいな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

モスキート

モスキート…蚊ですが、今使ってる変換ソフトがバカだから一回一回何か知らんけどめっちゃ探さないと出てこないのでもうモスキートでいきます。

モスキートですが、これまで、あんまり刺されなかったんです。

ところが、最近めっちゃ刺される。何で??

いや、何で?と言えば今までめったに刺されなかった事に対して何でですけどね。

急にめっちゃ刺されるようになった。

んで、今まで刺されてなかったからこのかゆみにめっちゃ弱い。

めちゃめちゃかゆいきがする。

ちなみに一年に1回刺されるかどうかだったから、これまで本当に何回かしか刺された事が無かったんです。

そのときもめっちゃかいてかいてしてしまうのですが、今年はめっちゃ刺されるからもう皮がめくれてまうぐらい掻いてしまう。

殺虫剤買わないとこれはやっていけないな。

ばあちゃんから蚊取り線香をもらったけど、なにせあんまり使った事が無いですからね、付けたまま寝ることにかなり抵抗がある上に煙が目にしみる…

キンチョウリキッド買わないとあかんな。

藪がすぐそこだからいっぱいモスキートがやってくるんです、僕の部屋は。

しかも何なんでしょうね、家から藪側に出たところには何か桶がいっぱい置いてあって水が入ってるんです。それが古い水なんで、おそらくそこではモスキートの培養が行われてると思うんですよね。

あれは定期的に捨てないと…

多分使わなくなった桶とか、洗面器とか、水槽とかをとりあえず置いてあるんだとは思いますが、たび重なる悪天候のおかげで水がたまり、あまり誰も行かないから自然と培養がすすんでるんでしょうね…

いい迷惑です。

もう明日には蹴飛ばすことにします。たまらんなこんなんであんなにかゆくされたら…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

そういや

妄想ってあんまりした事ないなと思うんです。

思うんですが、それ自体が妄想かもしれないので、全否定はできません。

妄想ってどんな時にするンかな?いや

妄想ってどこからどこまでがそうなん?

イメージトレーニングとかもそうなるんかな?じゃあ大学生までは毎日してたから普通の人よりもしてるかもしれん…

いやいや、そういうのじゃないかもしれないな。

もっとこう、願望的なものが混ざってるのがそうかもしれないな。

一応辞書引いてみたら。↓

あれこれと想像した事を事実であるかのごとく堅く信じてしまう心的傾向。

と書いてあります(三省堂国語辞典第4版)。

それは無いな。

えー…それっていうのはその意味で使用してる人は少ないなという事で…

あれこれと頭の中で思いを巡らせてエピソードを進めていく…

ってこれも何か足りない気がする。

だって、これやったら小説を書いてる僕とかもそうなるやんか。いや僕じゃなくても小説家といわれる人は全員そうなるな。

もしかしたらひろい意味ではそうかもしれないですが…

もう少し自分の都合のいいように物事を頭の中で運んでる感じがあるんですが…

どうでしょうか?

そろそろ国語辞典も新しくしないとな…小学校5年生の時に自分のが欲しくなって買ってもらったのを今も使ってるのでボロボロになってきてる。

テープで止めてほころんでるのを直してたり、縦てみるとページの所は真っ黒になってる。

載って無い言葉も増えてきたし…

思い切って広辞苑でも買うかな?

確かうちにはダイジリンがあったと思うけど、あれって出版社のちがいなんやんな。

って確かアヒルと鴨のコインロッカーで出てきてたような気がする。

大分前に読んだから記憶が定かではないですが…違うやつやったかな?

まあいいや、とにかく、国語辞典を新しくしたいなという事です。

もしかしたら、「武士の情け」という言葉のように現在において意味が変わってきてる言葉もあるからな。

知ってます?

今は「武士の情け」は武士のような強い人でも敵を取り逃す事があるという意味らしいですよ。

ところが、昔は武士のような厳しい人間でも温情を与えることがある。という意味らしいです。

あれ?逆やったかな?

いやいや、後の方が本来の意味か、今の方が確か単純な方っていう印象があるから多分そうやな。

僕自身がどちらが好きかというと温情の方が好きなんですよね、あ、確か古い方が何か深くて好きだなっていう印象があるから、温情の方が昔の意味ですな。

ちなみに僕が「武士の情け」という言葉をはじめて知ったのはルパン3世で石川五ェ門が敵をわざと逃すシーンがあったのですが、

その時に「武士の情けだ…」と言って斬鉄剣を鞘に納めるのです。

カッコエ―と思ってしばらく弟とまねしてた憶えがあります。

キン!キン!カシィィン!

と切り刻む五ェ門がめっちゃ好きでしたね。そこへきて、決め台詞的に「武士の情けだ…」というんです。

小学生になるかならないかぐらいだったと思います。

決め台詞として使うのはちょっと違うけど、あの時はそれがカッコイイとおもってましたね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

よかった…

今日はもうばあちゃんは元気になってた。

はぁ良かった。

一安心。

安心した所で、今日は、ずいぶん前に猫のジュリーに壊された姿見を買うために雑貨屋に行くことにした。

大した事はないですが、やっぱり雑貨屋に行くと結構テンションが上がる。

ああ、こんなんいいな、こんな椅子欲しかってんな…

とか

こういうテレビ台とかチェストとか欲しかんてん。

いいな~

ベッドも新しいのに変えたいしな…

ティファールのケトルとかも欲しいな。

そや、掃除機一応見ておくか…

ヤマダで見たのとよく似た掃除機がある…確かあんな形だったけど、ヤマダでは7万5千円してた。国内メーカーで吸引力の変わらないやつでフィルターも3重構造になってるらしい…

こっちのは…あ、台湾製?って書いてある。

見た目はそっくりなのに…値段は?

6800円!!

いやいや、安すぎるやろ。

1/10以下ってそんなんあかんやろ。見た目だけやないか。

いやいや、もしかしたら性能もいいやつかもしれん、そしたら1/10でもめっちゃ良くなるやんか。

姿見片手にじっくり見ること10分。

あ、これ展示見本ある。ちょっと使ってみよ…

使用電力1000W吸引力180W…超強力!?

スイッチオン!

ヴィーーーーーーーーーーーーーーーン!!

ありゃ?これ180もある?

確かうちの今使ってるのも180やったな、あの小さい目詰まりするサイクロン型のやつ。

あれと同じ?いや、これ目詰まりしてるんとちゃうん?

ぜんっぜん威力がないぞ!!

試しにポケットの中のチリを吸わせてみる、さすがにこれは入ったが…

たまたま棚の下に入り込んでいた段ボールについていたであろうテープがあった。

直径5センチぐらいだろうか。

それをたまたま吸い込ませてみた。

いやいやいや、曲がりなりにも掃除機やろ?これぐらい吸い込めよ…

と、検証の結果、見た目だけのパッチものと判断しました。

パチモンというのは言葉が悪い?パッチモン?

バッタもの?まがいもの?贋作?

イミテーション?

まあ何でもいいです。見た目がカッコイイから買った人もいるんではないでしょうか?

道具はそういうの良くないよな。

食べ物は別に似て非なるものでも単価も安いし、次買わなかったらいいだけですけど、何か道具は買った以上ある程度は使わないと道具に失礼ですよね…

対価を支払ってから思ったよりも効果が無かったら失敗したと思いますからね。

対価に相当する効果だったとしても、高いと思ってしまうものです。

太古の昔からけっこうこういう事は続いてきてるんですよね。

某国も偽物を王道としてる、肖像権も特許権も知的財産権もあったもんじゃない。

まあ、あの掃除機はちゃんと表示はされてるから、似てるだけなんですけどね。使えない事もないし。

G-SHOCKが流行った時にいっぱい出たイミテーションとかと同じですかね、時計として使えない事もない…

まあ、G-の時はイミテーションの方が優れたものまで出てきたけどね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »