« 弟がまた | トップページ | 女の子の結婚観? »

2011年7月15日 (金)

困った時のネタ帳。

という題名を書いたのは、「よくネタが続くね。」というお便りをもらったからなのですが。

困った時はネタ帳を見る事にしています。

ネタ帳というのは、僕がこれまで書いてきた日記帳です。

と言っても、ボロボロのキャンパスノートです、比較的綺麗なものも多いですが、書きなぐった日もあれば、二行の日もあるし、はたまた、10ページぐらい細かい字で書いてるのとかもあった。

そのほとんどを記憶してなかったのですが、こうして見返してみると、それも数日間にわたって書いているのを読むと、それなりに当時何に一生懸命だったか。というのが見えてきます。

そう言うのを見て、苦笑いが混みあげたり、ふふふと笑ってしまったり、いろいろですが、今の自分がどれほどに成長しているのか、それとも鈍感になっているのか、強くなっているのか、はたまた、整理する事が出来るようになったのか、それともその全てなのかもしれないですが、昔と今とを比べるいいバロメーターになっている事は確かです。

というのも、今日見たのは、新人時代の僕の日記でした。

頭では分かっているつもりなのだけども、どうもうまくいかない。

訳のわからない毎日、でも手探りで正解を探そうとする。質問する人間は、その辺にいない、いや居たのだけど、聞きたくなかったんだと思う。

プライド?いや、教えてもらう時に傷つくのが怖かったんだろう。

失敗した事を毎日毎日書いている。その一つ一つに改善を書いている。今思えば、それらは、効果的であったり、そうでなかったり、睡眠時間やプライベートを犠牲にしたうえで成り立っていたりします。

これは…流石にもっと簡略化できたのに、当時の僕ではこの辺りが精一杯だったのかもしれません。

でも、こうして、この大切な時期に、一人であれこれと悪戦苦闘をしながら、試行錯誤を繰り返したから、今の僕があるのだと思います。

いくらアルバイトを長くしていたからと言っても、やはり、社員は違う役割があって…

一言で言えないけど、無理矢理言うと、全然それが理解できていなかった。

ということです。

ただ、時間を過ごしたつもりは無かったけど、過ぎてみたら、ただ時間を過ごしていただけだった。

に近かった。

僕の中では当時、自分はもっとできる。と思っていた。だから、自分で自分を分析するのが怖かった。

でも、ある時に自分は本当に今そんなに高い所にいるのか?という疑問が起った。それは、自分で設定している自分の位置について、満足しているのではないかという問いかけだった。

満足しているというのは、そこからの伸びが自分には無いと、そう自分で思っているのと同意だとその時初めて理解した。

今では心底自分の無力さを感じている。まだだ。まだ僕は伸びる。まだまだ未熟だ。まだまだ知らない事が多い。その全てを吸収してやる。

忘れるかもしれない、それでもいい、本当に重要な事はメモするし、また回ってくる時は自分なりに工夫して忘れないようにする。

そう思えるようになったのもこの頃、誰にすがるものも無く、自分が良く親しんでいる職種であっても、さっぱりどうしたらいいのか分からなくて、もがいてもがいて、ただ叱られて、しょぼい計画しか立てれなくて、売場は散々で…

自分で自分が許せなくて…

でも、この日記のおかげで、少しずつ少しずつ前進することができた。

表面上ではこれまでと全く変わらなかったが、一日に一つずつ自分に今足りないものは何か、という点を探していった。

手に入れたい能力。

それをするには?という自問自答の毎日。

まずは曜日ごとに仕事を分けることを考えた。行き当たりばったりでは、忘れてしまう。ミスも生まれる。

月曜日はこれとこれとこれとこれを確実に、火曜日はこれとこれを絶対に、水曜日は早く帰る。木曜日はこれとこれ。

と言った具合に。

そして、火曜日の仕事で不備があったら、今度しないためにはどうするのか。を考える。時間をかけずに、でもいい加減にならないようにするには?

そうして仕事を一つ一つ整理していく事にした。

それをしばらくすると、仕事が楽しくなってきた。

一年もすると、日記から仕事の話は消えていた。

今では仕事の話はほとんど書きません。それは僕のスタイルです。

但し、考えないという事ではありません。

今でも悩む事は多いです。プライベートでも仕事の事を何%かぐらいは考えています。

何かに生かせそうだとか。どうして解決したものかとか…

それが、会社でいい意味で生きてくることもあるのです。そうでない事も多いですが。

まあ、そんなこんなで、困った時に見ているのは過去の日記。今日は5年前の日記。この頃は文章だけじゃなくて、曜日、仕事の内容、ツリーに失敗、対策、月間の仕事。理解できたこと。理解できない事。もうキャンパスノートに毎日訳が分からんぐらい書いています。

でも後から見ても分かりやすいように解説も付けています。

一体誰に向けて書いたのか、いや、僕の考えだから、恐らくは次、見る時の自分が分かるように書いたんだろう。

レポートとしてはまずまずの出来ですが、それでも、過去のあがいている自分の様子を目の当たりにして、やはり、気恥かしい気になってしまいます。

その時悩んでいた事は、現在ではあらかた解決済みですが、今では新しい悩みがどんどん生まれてくるのです。

悩み事は尽きない。

これは、とても幸せな事なのかもしれない。ストレスではあるのかもしれないですが。

解決できた時には、一回り大きくなれる気がする。

明日の為に、今日できる事を!

« 弟がまた | トップページ | 女の子の結婚観? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 困った時のネタ帳。:

« 弟がまた | トップページ | 女の子の結婚観? »