« カウンセリング | トップページ | 小学校で最大のビッグイベントとは…? »

2012年11月 9日 (金)

ストップウォッチ

実はストップウォッチが苦手なんです。計るのも計られるのも。

普段何気ない行動もストップウォッチが動いていると思うと緊張してしまったりします。

計る方はと言うと…

これは部活動が関係するのですが、乱取り(試合形式の練習)の時は寝技も立ち技もタイマーを使うのではなく、ストップウォッチを使用していました。

どうも僕は『事前に画面を見て終了を待つ』という事が苦手らしく、例えば5分の乱取りの時間取りをする時、4分ぐらいまでは画面を気にしているのですが、残りの1分になると、もう周りの連中の乱取りを見る方が面白いもんだからついつい、画面より乱取りしている部員を見てしまうのですよ。

当然自分もやりますけど、例えば、奇数人数の時とか、余った人間が時計係をしたりするのですが…

僕って結構時間をオーバーしてしまっていました。

当然乱取りをしているメンバーは気が付いていないですよ。30秒とかオーバーしてても集中してなきゃ怪我しますからね。

でもホントそんな事ばっかり。

大学に入ってから時間はストップウォッチじゃなくなって、電光掲示板になったけど…

電光掲示板と言えば、苦い思い出が…

僕が学生の時、実業団の某大きな大会があったのですが(今もあるんだろうけど)その時の会場係として、兵庫県の大学から、会場係を数名ずつ出してくださいという要請があり。

それも4月末。

入学したばっかだった僕と先輩数名で会場係をしに行った事がありました。

ちなみに当日場所だけを知らされて、行ったはいいけど、先輩たちが来るのが遅く…

「とりあえず来い」とだけ言われていたので、何をするのかが分かりませんでした。

ぼーっと突っ立ってたら、進行係みたいな先生(?)が

「おい、お前そのカッコ、選手やないな、会場係やろ、大学はどこや?」

と聞いてきたので、大学名を答えると。

「ああ、第二試合会場な。参加Tシャツあるけどいるか?」

「え?はあ、着替えるのですか?」

「はあ?着替えんでもええ。何を言うとる?」

「いや、何も、荷物は…どこに置いたら?」

「荷物はそこの部屋にまとめて置いてくれ、以上、質問はあるか?無ければこれで終わり。」

「いや、僕は何をしたらいいんですか?」

「第二試合会場や、会場係で来たんやろ?選手か?」

「いや、会場係です(と思う)すいません、ありがとうございました。」

そして僕は会場係の腕章をして、いざ!開会式!

というところに先輩方登場。

「お前早いなあ」だけで何事も無かったように会場係の腕章を取り付ける先輩。僕には教えてくれていなかったけど、自分たちは知ってたみたいです…

そして一日に何十試合と、時計係、旗係、表示係と、交代でやっていきました。

柔道の試合は、勝ちあがると一日に6試合ぐらいするので、実は3試合ぐらいから選手は全員、筋肉に乳酸出まくりで腕がパンパンに張ってくるし、

強烈な足払いとか、投げ技を耐えるから足もガクガク、関節技、絞め技もあるから、一試合ガチでやっただけで全身ガタガタになります。

そうなるとどうなるかというと、上の方に勝ち上がるにつれて、試合がおもんないんですよね…

どっちも手足ガクガクで騙し騙しやってたりするんだけど、どっちかがまだマシで攻めてるんだけど、今一つ決め手に欠けてしまうんですよ。

恐らく握力に限界が来てるんだろうと思います。

やってる本人は至って真剣なんだけど、見てる方はおもんないんですよね。華麗な技も、力強い動きも、目にも留まらんスピードも無い。握力が無いから相手も崩れないし自分がかける技にも腰が入ってないから効かない。

よく知らん人は「どうしてあそこで手が離れてしまうんだろう…」ぐらいにしか思わないでしょうし、「待て」でだらだらと帯を締めるのが、実はテクニックだという事も知らないでしょう。

知っててもつまらんのに、知らんかったらなおつまらんと思います。

そんなこんなで、会場係は見ててもつまらんものを、長々と見せられることになるのです。

当然眠くなりますよね。

第二試合会場は、準決勝まであるので、早々に会場を畳んでしまった第三第四試合会場に比べて、試合数が多い…しかも第二試合会場は毎回階級の人数が多かったりします。

前日アルバイトで夜勤だったのもあったんでしょう…

そこでやっちゃいました。準々決勝。

ラスト2秒です…

ラスト2秒で「待て」がかかって時計を止めたのですが…どうもそこでこと切れてしまっていたようで…

「はじめ」の合図がかかっているのに気が付かず、スルーしてしまいました…

先輩に「おいおい、時計!」と言われて気が付きました。

時計が止まったままだったのです…

目は開いていた…どうもほんの2・3秒意識が飛んでいたみたいでした…

まあ、それは良くある話なので、ネタのひとつとして片付いたのですが…

それからというもの、僕は大学の4年間で、実は一度もストップウォッチを使って時間取りをしませんでした。

掲示板も触りませんでした。マネージャーがいたっていうのもあるけど、必要な時も代わってもらいました。

今でも、ちゃんと計る時がきたら自分ではしないでしょうね…

大体でいい時はやりますけど。

でも会場係とかああいうののはちょっと勘弁してほしいですね。今からの人生、恐らくそういうのすることは…まあまず無いでしょうけど…

« カウンセリング | トップページ | 小学校で最大のビッグイベントとは…? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストップウォッチ:

« カウンセリング | トップページ | 小学校で最大のビッグイベントとは…? »