« 怖い夢を見た… | トップページ | 肩が弱い… »

2012年11月19日 (月)

これは複雑な気分…

最近、本をつまみよみする事を憶えてしまって、あっちこっち本をつまんでは読みつまんでは読みしています。

今までにこんな読み方をすることは無かったのですが…

どうにも読書に集中できない日々が続いていて、自分自身『らしくなさ』を感じている毎日でした。

何となくだけど、やっぱり一つずつ読んでいくのがいいように思います。

実際つまみよみしてても、例えば5冊ぐらい読んでいますが(内容は全然被っていないのですが)一気に5冊読んでしまえることは無いのですよ。

終わるのは必ず一冊ずつなんですよね…

だからどうってことはないんですけどね。別に一気に読むことが目的でもないし、5冊読むことが目標でもないですから。

もしかしたら記憶力と想像力を鍛える事になるかもしれない程です…

まあそれは置いておいて、それでもやっぱり本はちゃんと一冊ずつ読むのが普通ですよね。

変な言い方かもしれないですが、小学校の頃(最近多いですが…)国語の教科書の物語を読むのが好きだったのですが…

国語の時間に国語の教科書の先の所を読んでても別に何も言われませんが、算数の時間に国語の教科書を読んでると怒られますよね。

何となく、そういう時の気分にさせられるんですよね。

『今はこの本を読んでる時なのに何で途中からこれを読むのか…』自分でもそう思いながら違う本を読んでいるのです…変な話ですよね。

以前無くしたと書いていた貫井さんの本が出てきたのと、読みたい新作と、今まさに読んでるやつと、進められて読み初めた本と、トイレ用です…

トイレ用は…ネットで買ったのを自室に持って行こうとしてたのに、用を足したらその事をすっかり忘れてしまってて、開封したゴミだけを持って出てしまった事をきっかけに…

ちょっと用を足す間に読み進める…という行動に出てしまったのです…『まあ、既に何冊もつまんでるから今更一冊増えても…』という考え方でした。

でもこれはやっぱりよくない。

算数の時間は算数を教えてくれている先生の話を敬意を表してちゃんと聞かないと。

というのが答えでしょうかね。

物語に対して失礼な気がします。もちろん読み始めたらすぐにその世界に入ってしまうのですが…やっぱり読んでいる間中はその世界にトリップしていたいものですからね。

ですので、今日から、その5冊をまずは全て読んでしまう事にします。これ以上のつまみよ読みはしない事にして。

というわけで、今日早速一冊読んでしまいました。

今日読み終えた本は、意外や意外。巻中に今まで読書した中で、唯一。ホント唯一です。(苗字や漢字は違うけど)同じ名前の登場人物が出てきました。

僕はまだ同じ名前の人に出会った事がありません。

これはちょっとした感動でした…

がしかし…犯人とかではなかったその登場人物ですが、どうにも愛着を覚えるという訳にもいかない感じで…

その登場人物としての幕切れとしてはとてつもなく微妙なのです。

どうせならもっとヒーローっぽいのがいいな…とは思いましたが、自分が読んでる本のジャンルを考えれば、それは希望するだけ愚かな事だと思い直しました。

出てきただけで実際ちょっと嬉しかったですからね。

というより、自分と同じ名前を黙読とはいえ読むという感覚に初めて直面しました。

なんとも…このむず痒いというか、漢字が違うから別に意識しなくてもいいのかもしれないですが、良くある名前の人はこんな事しょっちゅうで、それこそ、小学校の国語の教科書にだって出てくる人もいるだろうけど…

僕にしたら初体験です。何というか…名前を目視するたびにいちいち止まってしまうんですよね…そしてやっぱり嬉しいんだけど、登場人物の行く末が微妙なので、ちゃんとは喜べないという複雑な気分になります。

よくある名前の人は結構こういう事あるんでしょうねえ。

僕はこれが最初で最後かな?なんて思ったりしています。それだけに微妙なのはちょっぴり残念ですが、まあ絶対登場しないような名前の人よりは、いい経験ができたんじゃない?とは思います。

« 怖い夢を見た… | トップページ | 肩が弱い… »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは複雑な気分…:

« 怖い夢を見た… | トップページ | 肩が弱い… »