« ぐぅお!!ありえない状態に! | トップページ | そろそろリスタートしようと思う。 »

2012年11月22日 (木)

自分さえ我慢すれば

こんなことを書いたら、また、何か言われそうだけど…

少し前、とある会話中に『自分さえ我慢すれば周りに迷惑がかからないのであれば我慢する』という考え方があるという事を知りました。

自分以外の考え方に触れる時は、いつもとても勉強になる事だと思います。

その時もそうでした。いかに自分の考え方が一本でしかないかという事を思い知らされます。偏りがあるとは自分の事だろうと思います。

でも同時に偏りがあるから個性になっているとも思います。だからそれについては、否定も肯定もしない代わりに、『そういう考えもある』と思う事にしています。

自分さえ我慢すれば。

という言葉ですが。それを聞いた時に僕はいろんなことを一瞬で考えました。

①まず、僕ならそんなに我慢などできない。

②周りの事を考えてそうする事も一理ある。

③自己犠牲の上では根本的な解決にはならない。

④いつか心に大きな傷となる時が来るのではないか。

⑤本当に周りに影響がないのか。我慢が違う形で外に出る事はないのか。

⑥我慢しているのを知っている人は、その状況を野放しにできるのか。

⑥そもそもYesやNoの答えよりも問題すらない事にすることは僕の性分には合っていない。

⑦一番強く思ったのは、この人はこれまでずっとそうしてきたのか。だとしたら、それは立派というよりも寂しい事ではないか。

という事です。

僕は自分の問題でも、自分の手にあまる問題であると判断したら、自分以外の手を遠慮なく借りることにしています。

なぜなら、自分一人の力などたかが知れているからです。特に、一皮むけば劣等感の塊である僕です、一度決めたら周囲に手を借りまくります。

とはいえ、寄りかかりすぎないようにしなくてはいけないとは思っていますので、それ程は寄りかからないように、気は付けているつもりではありますが…

これは、僕だけなのかもしれないですが、仲良くしている人には、困った時には助けてあげたい、力になってあげたいと思うのは当然の事ではないかと思います。

相談に乗ってあげたり、できる範囲の行動をしてあげたりする事は僕の中では割と当然の事です。

逆に言えば、自分がそうであるが故にいざとなった時に頼る事ができるんだろうと思います。

しかし、この考え方ができるようになったのは、実はごく最近で、20代の後半ぐらいからでした。それまでは本当に自分の手に負えそうにないものもギリギリまで自分で何とかしようとしていました。

でもギリギリを通り過ぎる事も多くて、結局周りに迷惑をかけてしまう事もありました。

人間だから失敗するし、若いから不確実な事もある。それは言い訳でしかないけど、失敗するかもしれないという事には、もっと早くから気が付いていたりします。

だけど、簡単な言葉で言うとプライドがそうさせなかったと言う事ですが。言い方を変えれば、『他人に頼るのが下手』という事です。

今でもそれはほとんど変わっていませんが、自分がそうだという認識はできるようになりました。だから僕の中では一歩前進です。まあ、僕の話はいいとして…

自分さえ我慢すればいいという考え方はそれに近いものがあると思います。『話は広げたくない』『広げると大事になるかもしれない』という事は

話をするに値する相談相手はそこにはいないという事ではないでしょうか。

例えば、毎週木曜日にK君が必ず背中に針をブスっと刺してくる。

痛いから止めてほしいけど、痛いのはそれ程続かないから刺された時に我慢すれば何とか耐えられる。

これをいじめだと言えば全体の空気がおかしくなる。全体はもちろん、Kについてもいじめをしているという認識はない。

だから自分さえ我慢していれば何もなく平穏な日々が送れる。しばらく木曜日さえ我慢すれば、飽きたらそれもなくなるだろう…

という事ですよね。

もちろん、世の中正面切って解決できることばかりではないと思うし、時間が解決してくれることも沢山あると思う。でも何も、全て自分の中で我慢してしまう必要はないと思います。

それに、事を荒立てたくないという事もわかります。何でも正義感だけで動けばいいってもんじゃないし、見方や感じ方は人それぞれですしね。

でも、もしかしたら、相談することによって毎週木曜だったのが月3回になるかもしれないし、隔週になるかもしれない。直接この話題を出して辞めさせることはできなくても、折りを見て何かしらのアクションが起こせる時が来るかもしれない。

それは刺されている人だけではできない事ではないでしょうか。

世の中には信頼され、頼られることで力を得るタイプの人間は沢山います。それが母性であり父性であり、人間には備わっているものなのです。

弱いものを守ってあげたいというのは人間の真理だと思います。

もちろん共同体は他人の集団だから。『迷惑はかけたくない』と思うのは当然だけど。何を迷惑とするかを決めるのは『相談された側』なのです。

だからこそ悩むのでしょうが、他人の事なんて逆立ちしたって分からないものです。

だったら、自分が『この人であれば信用できる』と思った人には持ちかけてみるのはとても大切な事ではないでしょうか。それは仲のいい友人であればあるほど嬉しいものではないでしょうか。

但し、仲のいい友人であっても、協力できない時はあるから、それも考えた上で

『協力できない時はそれでいいから、この事は聞かなかったことにして忘れるようにしてな。』的な事を言って、重要であることをまず含ませてから言うのもイイと思います。

とはいえ、信用できないものは信用できないとは思いますが、それでも。

『自分さえ我慢すればいい』という考え方は寂しいし、聞くだけで辛いので。そういう考えの人には、何とか力になってあげたいと思ってしまいます。

« ぐぅお!!ありえない状態に! | トップページ | そろそろリスタートしようと思う。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分さえ我慢すれば:

« ぐぅお!!ありえない状態に! | トップページ | そろそろリスタートしようと思う。 »