« 非常識な速読術!? | トップページ | タイムウォーカー »

2013年1月14日 (月)

成人の日

今日は成人の日ですが、成人式に自分が出席したのが、ついこの間のような気がします。

もう13年も前の話なので変な話ですが。

そもそも、成人の日は毎年1月の15日だったはずなのですが、ハッピーマンデー法(制度)?か何か、偉い人の考える事は良く分かりませんが、そういう法律ができたみたいで、2000年の成人の日から1月の第二月曜日という事になりました。

始めのうちは

「まあ、15日に近いから別にいいか、そのうち15日に成人の日が来ることもあるだろう」

と思っていたのですが、考えてみたら15日に成人の日が来ることはこのままの法律(制度)だと絶対にありえないんですよね…

1月1日が月曜日だった場合、8日が第二月曜日になりますし、今年のように1月1日が火曜日だったとしたとしても

第二月曜日は1月14日になるんですよね…

って…ハッピーマンデーで以前の日付に来ないのはもしかして成人の日だけじゃないのか?

カレンダーを見た限りでは…

海の日(第三月)・敬老の日(第三月)・体育の日(第二月)ぐらいが目についたのだけど、これらは何年後かに以前の日付がやってくるよな…

でも成人の日だけはやってこない。これは…いいのか?

元々成人の日は元々、15日の小正月に元服をしていたことから、成人の日になったって事だったと…思うんですけど…

って、あれ、これ以前に書いた事あるような…?まあいいか。

つまり法律(制度)が変わらない限り、成人の日が15日になることは、パブリクでは永遠にやって来ないって事ですよね。

それって何か大それたことのようにも思うんだけど、元々誰が成人の日を決めたのか、よく知らないから、まあええんかな?ぐらいではあるんですよね…

でも、最近は成人の日って意味がそれ程ないですよね。どこのどいつが「大人になった事を自覚している」のか、いるのであれば教えてほしいもんです。

元服とかやってた時代は、そりゃそれなりに意味があったと思いますよ、元服時に名前を改めて新しい名前で人生を走り始めたりしますからね。

でも現在はその名残は風習としてのみ残ってしまってて…

そりゃ新成人はめでたいとは思うけど、どれほど自覚してるのかあやしいもんです。

少なくとも、僕は…まあ成人の日とはいえまだ19歳だったし…成人の日が二十歳の誕生日が来るよりも先に来るというのが何か、変な気分にさせられた日だったように思います。

ちなみに、僕の生まれた年が1980年だから、ハッピーマンデー法が施行される前の最後の年って事になります。

もうそれについては覚えてないんですけど。

とはいえ、施行される前やのに、連休になってたって事は覚えているので恐らくそれで合ってると思います。

成人の日が来て、新成人になっても、その後に誕生日が来ても全然大人になったっていう感覚がなくて。

今でも大人になるという事がどういう事なのかさっぱりわかりません。

少しだけ、そうかな?と思えるのは、社会生活の中で、どうにもこうにも納得できない事も納得したふりをして生活する事ができるようになったというところでしょうか。

これはすごく苦くて辛いし、パワーのいる事ですが、二十歳やそこらでは絶対にできない事でもありますが…

でもそんなのが大人になるって事だとは思いたくないですね。

我慢を覚えることが大人になるって事だっていうのは、何か夢がなさ過ぎる。

現実を受け入れる覚悟を身に付けるとか、自分自身の限界を知るとかいうのも無しにしてほしいですね。

というわけで、僕が勝手に定義付けをするなら、大人になるという事は。

ぶれない心を身に付ける事と社会経験を積むこと。

です。これも二十歳やそこらの人間には難しい事です。

これができたら大人になったと言えるんじゃないですか?

少なくとも僕はそう考えながら生きて行くことにします。

« 非常識な速読術!? | トップページ | タイムウォーカー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成人の日:

« 非常識な速読術!? | トップページ | タイムウォーカー »