« 成人の日 | トップページ | そんなにするのか… »

2013年1月15日 (火)

タイムウォーカー

タ●ムウォーカー零っていう漫画をご存知でしょうか?

まあ知らん人がほとんどだろうとは思います。

僕が小学校6年生の時に少年ジャンプで連載していたマンガなのですが、小学生という年齢から、ジャンプの立ち読みぐらいしかできず、それも読む時間もそれ程無かった時代で。

たまたま、僕が手に取った週に連載が始まったのですが…

まあその話は、テレポートだけじゃなく、タイムテレポートができる主人公が、ブラッ●ジャックみたいに高額でタイムテレポートをして当時の調度品とかをその時代からかっぱらってくるという極道な仕事をしている話なのですが。

主人公自体は大して悪い奴では無くて、自分の能力を生かしてお金儲けをしているという感覚で。

依頼主には『歴史を変える重さを金で表現してもらう』という大義名分で報酬を吊り上げていましたが…

まあ本当に悪い奴ではないので、気まぐれで報酬をもらわずに人助けをすることもありました。

毎週は見れないので我慢していましたが、いつの間にやら連載が終わってしまって、一体どういう風に終わってもたのかさっぱりでした。

で、それを思い出したので、得意のアマゾ●で早速検索をかけて、全巻大人買いです。

とはいえ、全部で4巻までだったので、それ程大した額にはなりませんでした。てか800円以下でした。

まあ、内容は少年漫画的な感じで終わっていたのですが。

この作品、実はプロットがよくできているように思います。

いや、ちょっと表現が雑ですかね…作品全体を通して「ゆるーい」感じで物語が進んでいくのですが、実はそれは狙いで。

ちゃんと出来事を整理してみると結構暗いし、命のやり取りもあるので…要するにシリアスな感じの話を、あえてゆるーく表現して見せているというか…

先も書いたけど、このプロットホントにいい感じなんですよ。

この感じはブラックジャッ●と同じようなシリアスでサスペンスチックな話に仕上げる事も可能だし。

テーマをタイムパラドクスに持って行くことで、主人公の行動の制限があって、葛藤があって、これはものすごく広がりのあるプロットです。

惜しむらくは少年漫画というところですね。

当時の時代背景から、表現を自粛しなくてはいけない部分が少なからずあっただろうし、配慮しすぎて「うま味」まで隠れてしまっているところがあるのが残念です。

あとは、主人公をゆるーく明るーく描きたいという作者の意志も感じるし…

その点が取り除かれていたらこの作品はもっと違った評価になったに違いないのですよ。

だってドキドキしませんか?

タイムテレポートをして、過去を変える事ができる主人公の物語ですよ。

実際にはそんな事絶対無いんですけどね。それに、僕自身過去を変える事にも全く興味はないんですが。

それでも、本当に困った依頼主が主人公の所に来て、主人公の心を動かして話が進んでいくというパターンが僕の中ではツボなのかもしれません。

そういう意味ではシティーハ●ターも好きだったのですが、エンジェ●ハートを読んだ後にシ●ィーハンターを読もうとしたら、何か、心が切なくなってくるんですよね。

シティー●ンターでケンカしながらだけど仲の良い二人を見てた時には、「この二人うまくいけばいいのになあ」思いながら見てたのに、エンジェ●ハートでは、結局二人は結ばれる事無く、フィアンセは事故で…という結末を迎えていたのですから…

まあその話は後日機会があれば書くという事で。

ザ・シェ●しかり、ブラッ●ジャックしかり。スケッ●ダンスもそういうのちょっとあるかな?

そういえば、レンタルボ●ィーガードもそんな感じのがあったような…

少年誌向けじゃないんだろうなあ、こういうの。他の雑誌なら名作になったかもなあ。

タイムウォーカーの作者さんはそれ以外には描かれてないみたいですが、少年史以外でもっとシリアスな雰囲気の同じ作品を書いてみたらいいのにな…なんて思ってしまいます。

やり方次第でヒットしそうな気がします。

なんて、あまりマンガを読まなくなった僕がこんな事を書くのは少し違う気もしますが…

« 成人の日 | トップページ | そんなにするのか… »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイムウォーカー:

« 成人の日 | トップページ | そんなにするのか… »