« 明日は箱根駅伝やな… | トップページ | 復路は日体大 »

2013年1月 2日 (水)

往路の見どころ

僕が箱根駅伝を見始めた時は別に、どこかに偏って応援していたわけではないのですが、数年前の順天堂大学の山の神「今井正人」さんの出現時にはとても度胆を抜かれました。

てかしびれました。あの箱根の山を平地と同じような、いや、平地よりも早く走り抜けるあの走りに、鳥肌が立ちました。

一体何がどうなってこんな走りができるのか…山道に特化した選手である事は間違いないけど、他を寄せ付けないその姿に、僕は興奮をおぼえました。

彼が卒業して、山の神が不在となるはずだった箱根の5区は、次の年には新たな山の神が出現しました。それが「柏原竜二」でしたそして、その新山の神は4年連続で他校を寄せ付けず、初代山の神同様に最強の名をほしいままに卒業しました。

彼らのいなくなった箱根の5区はじつは物足りない物にはなりましたが、逆に群雄割拠の往路時代に突入したといっても過言ではありません。

いや、今までの数年間がおかしかっただけで、箱根の5区はいつもキーポイントとなっていたのです。

それが、今年はどうなるか…

というのが一つの見どころではありましたが…むしろそれが箱根駅伝の見どころと言ってもいいのかもしれないですが。

今年、僕が箱根駅伝を見るに至って持っていた知識は、

①前回大会で東海大学がシード落ちしていたという事。

②東洋大学のキーマンが今年は卒業して不在だという事。

③前回88回大会の知識を何となく覚えているというぐらい。

でした。

本当だったら毎年予選会も見るのですが、今年はいろいろと僕自身に問題があってそういう気分には全くなれず、年末年始まであっという間に過ぎてしまったのでした。

そういう事もあって、今年は箱を開けてみるまでほぼ予備知識なし。という僕にとっては5年ぶりぐらいの感覚で箱根駅伝を見ました。

出場校を見てみてびっくり!

「あれ…東海大学がいない…!!何でや?予選会から上がって来れなかったという事か…?」

『くそ、こんな事なら予選会もしっかり見ておくんだった…』と後悔。

ここ数年東海大学には『村澤』というスピードランナーがいて、去年エース区間で青山学院の『出岐』という選手とデッド―ヒートを繰り広げ、区間賞を出岐選手に奪われたというエピソードがありました。

テレビには映っていませんでしたが、それは悔しかっただろうと思います。

1年の頃から東海大学の名実ともにエースである彼がここ数年間東海大学を上位に引っ張り上げていた事は事実です。

彼の走りは力強く、ストライドも大きい圧巻の走りをします。

実は僕は彼の走りが好きで、今年も彼の活躍が見れるだろうと楽しみにしていたのです。

が、東海大学の名前がない事がとてもショックでした。

『そうか、予選会の通過はできなかったんだな…』と思いましたが、

『いやまて、村澤程の選手が選抜されてない訳がない…』と思い、学連選抜のメンバーを見てみたのですが…残念ながら東海大学の選手は早川選手だけでした。しかも2区…

『おっかしいなー2区で東海って言ったら村澤のハズ…もしかして、何かあったのか…?』

程なくして、1区は東洋大学が区間賞を取り、鶴見中継所から2区にそれぞれのチームが切り替わって行きました。

学連選抜も選手が入れ替わりました。

東洋大学の早川翼選手もタスキを受け取りました…そこで解説のアナウンサーが

「今年は東海大学は残念ながらエース村澤の故障により予選会を通過する事はできませんでした…」

と言っていました。

やはりそうか…と途端に駅伝を見る気の1/3をこそぎ落とされた気分でした。東海大学が出てない時点で1/3持って行かれていたので、残るは1/3ぐらいしか残っていませんでした。

なみに2区は23.2kmあるのですが、その20km地点ぐらいの事です。外国人選手が相変わらずこの区間は元気で、毎年のごとくごぼう抜きしていますが、今年も例外に無く外国人留学生が頑張っていましたが、学連選抜もそれに飲み込まれようとしていた時です。

早川選手に、給水にやってきた人物がいました。

「うお!村澤やんけ!」と思わず声に出してしまいました。

そのすぐ後にアナウンサーも「おおっと、これは、学連選抜・東海大学の早川選手に給水に来たのは、去年この区間をエースとして走った…早川選手と同じ4年生の村澤選手ですねえ、何やら早川選手に一声アドバイスのようなものを言っていました…東海大学は残念ながら今年は予選会を通過する事ができませんでした、東海大学のユニフォームは、今年はこの早川選手のみの出場という事になります…」

と言っていました。

本当に一瞬の事でしたが、村澤選手が早川選手に水と一緒に思いを渡していたように僕の目には映りました。

それは僕のただの思い込みなのかもしれませんが、その場面を見て僕は少し胸がじーんとなりました。

今年は、青山学院の出岐選手は10区にエントリーされていますので、ライバル対決は元々実現しませんでしたが、

4年生にとって最後の箱根をこういう形での参加となった事は当事者にしか分からない無念があるだろうと思います。特に村澤選手程力のある選手にとっては…

だから、往路の見どころは僕は2区だったろうと思っています。

東洋・明治・駒沢・早稲田。この辺が実力伯仲というのはいつもの事です。日体大が予選会からまさかの往路優勝を成し遂げるとは思いもよりませんでしたが…

でも僕の中での最大の見どころは2区だったと思っています。

« 明日は箱根駅伝やな… | トップページ | 復路は日体大 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 往路の見どころ:

« 明日は箱根駅伝やな… | トップページ | 復路は日体大 »