« ロープレの何を楽しむか… | トップページ | そのむかし… »

2013年1月 6日 (日)

すっころんだらしい…

正月休みで弟が帰ってきたのですが…その時に、僕が直した引き戸とかを自慢してやろうと思ってたのですが…

その時に…

『あれ…何かレールから外れてる…』と風呂の横の部屋のレールから引き戸が外れてしまってて、何やら横から力をくわえられたようになっていました。

「誰や、こここんなんしてもて黙ってるやつは!!」

と言ったところ…

「それはワタシやねん。」とばあちゃんが行ってきました。

「え…ばあちゃんなん…?」

「ああ、ちょっとFが坂にしてくれとるところ行こうとしたら、とんぶりかえったんや。(こけた事)」

「ええ!そんなんはよ言うてーな…」

「いやいや、ただとんぶり返っただけやさかい。」

「そんなん、一回あったら二回目もあるわな、言ってくれたらここに取っ手を付けたるのに…」

「ええねんええねん、そんなん邪魔になるんやから。」

「ならへんわ!大丈夫や。とにかく、取っ手つけるさかい、こけた時とかはちゃんと言ってよな…」

というわけで、レールを直してから、すぐさまその足で取っ手を買いに行きました。

頑丈な取っ手だから結構な値段がしましたが、それでもかまいません。怪我してもらう方が万倍も嫌だからです。

いくら頑丈な取っ手でも下地合板があるところに取り付けなくては、体重をかけたらすぐにとれてしまいます。それでは危ないので、しっかりと下地合板に取り付けました。

その知識は実は福祉住環境コーディネーターの勉強の時に得た知識でした。スロープを作った時もその知識を生かしたものです。

が、まあそれはいいとして、頑丈なのができました。トイレや風呂に行くときは、それを使って行けば安全です。

でも問題は風呂やトイレの帰りですよね。

なので、帰りの時にも使えるように反対側にも取っ手を取り付けました。

取っ手…にしたのですが、それは本来取っ手では無くて、洋服かけの使ってないやつです。

それをスロープに金具で固定して頑丈にして少々持たれても平気なようにしました。

それまでは帰りは何か机に竹の棒をくくり付けただけの「めんどい」ものが支えとなっていました。

でもこれからはしっかりとしたガイドがあるので、『どうぞ見てください!』ってな感じです。

これからの行き帰り、安心して通ってもらいたいですね。

« ロープレの何を楽しむか… | トップページ | そのむかし… »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すっころんだらしい…:

« ロープレの何を楽しむか… | トップページ | そのむかし… »