« 自信の定義 | トップページ | エピソード1 »

2013年5月 8日 (水)

怒涛のように過ぎて行く毎日

本当に怒涛のように過ぎて行きます。

まさか、前回更新してからもう一週間も経っているなんて考えもしませんでした。確かに、G・Wは過ぎてしまったのですが…

今の勤務状態は、実は決して褒められたものではありません、労働基準法だってサブロク協定だって無視したものですからね…という事はここまでにしましょう。仕事の事は出来る限りプライベートでは考えないように…

更新についてはこれまで、毎日は無理でも、日を追ってできる限り後追いで埋める様にはしていましたが、それはこれまで、ブログには無理でもノートに、ノートに無理でもメモに題名だけとか…もしくはそのどちらかだけとか。

何とか後からでも書けるようにしてきていたのですが…

今回は思いついてもメモにとるのが億劫で、「まあ、頭で憶えていられるだろ…」とか思いながら泥のように眠っていました…

残念ながら思いついた題名や文章の半分も憶えておくことはできませんでしたね。

今日の更新以降いくらか更新させておくつもりではいますが、思い出せるかどうか、甚だ疑問です。

「メモを取りなさい」としょっちゅう言ってるのに自分自身で実行できていない所がとても残念ですね…もっとも仕事ではありませんが…

それにしても、怒涛のように過ぎて行きましたねG・W。

今年のG・Wは27日からの会社がそこそこにあったみたいですね。工場関係については結構そういうところが多かったみたいですね。

だから…10連休ですか?うらやましい限りですが、『もしも10日も休みを与えられたら、自分だったら何をするんだろう…』と考えてしまいます。

とりあえず2~3日については体力回復に務めますが…あとの一週間については、実は読書以外することが無いのです。

結局は家の修理とか、部屋の掃除とか家の掃除とか?そういう事に使って終わるか…

いやそれでも一週間は長い…

じゃあ日帰りで旅行に行くとか?でもそういう時期ってどこも結構いっぱいだったりするんじゃないのかな?だったら泊り?それもいっぱいかな?

観光名所的なところは人が多いかも。

でも、小京都的なところを一人で歩く旅っていうのも何かいいかもしれませんね。

完全に一人で旅人気分に浸ってるでしょうけどね。

でもそれも日帰りか、良くて一泊ってところですかね。

いや、十日もあるんだったらそれなりに計画を立てるかも…

でもそういうのって計画を立てて行動するまでが楽しいのかもしれないですね。

何でもそうですが、本番までの時間がとても貴重でかけがえが無くて大切なものだったりします。

高校の時の文化祭前夜の、周りみんなが心の中で文化祭の成功を祈りながら過ごす時の時間であったり…

遠足に行く前の日の夜だったり、遠足先での計画とかを考えてる時とか。

試合一週間前のあの心と体が少しずつ充実していく感覚とか。

テレビを見る時、オープニングを見ながら少しずつテンションをあげていって、CMでやきもきする瞬間とか。(あまりテレビは見なくなりましたが…)

そういう時間を過ごすのがとても好きだったりします。

他の人はなった事無いってみんな言いますが、プレゼン前の『早く僕の順番来ないかな…』と程よい緊張と自信と『ここで完璧にできてしまったら、僕はまたのぼせ上がるんだろうな…』とか考えたりして、何かこの部分だけ自分で変な人だと思ってしまいますが…

話が大分逸れてしまいましたが、何にせよ、本番前のかけがえのない時間が好きなのですよ。

テレビのはちょと角度が違いますけど…

しかし、独身男性にとって十日も連休はいらないですね。精々5日ってところかな。

という夢物語。

実際僕のG・Wはフル稼働の中のフル稼働でした。だからホントあっという間にすぎました。

こりゃ一年ぐらいあっという間に過ぎてしまいそうやぞ…

« 自信の定義 | トップページ | エピソード1 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怒涛のように過ぎて行く毎日:

« 自信の定義 | トップページ | エピソード1 »