« 閉店後すこし書き物をして | トップページ | 自分で気が付かなきゃ »

2013年5月24日 (金)

生生しい夢…

以前から夢について、注目していたのですが、とりわけ、今日みた夢は感覚が違いました。

気が付いたら僕は自分の部屋にいました。

寝ているから、部屋にいるのは当たり前なのですが、今の部屋ではなくて、中学生の頃まで使っていた表と言われる部屋。今となっては仏間となっている部屋に住んでいる事になっていました。

仕事から帰ってきて、ソファーに座って荷物を置いたところで、急にオトンが部屋に入ってきました。

オトンが部屋に入ってくる事は珍しく、今住んでいる部屋にオトンが入ってきた最後はじいちゃんが死んだときでした。

ふと、そんな事を思い出していたら。オトンは

「F、オバンが死んだぞ…」と言ってきたのでした。オトンのいうオバンとはばあちゃんの事です。

「はあ?」昨日まで元気やったやないか…?と思いながらもこれからの事を考えて、少しパニックになりかけましたが、とりあえず目の前の事に対応しなくてはなりません。

オトンはじいちゃんの時みたいに偉そうにしてるだけやろな…と思いながら。

ふと、気が付いたらオトンが

「おお、ビール探しよったんや、こんなところあるやんけ…」と言いながら、僕の部屋の冷蔵庫とはいえ、これも今の冷蔵庫ではなくて昔の冷蔵庫ですが…その冷蔵庫から勝手にビールを手に取って飲み始めました。

我が物顔で飲み始めるオトンを見て、初めのうちは「別にいいわ」と思っていたのですが、ばあちゃんが死んでるのにもかかわらず、ビールを探してサッサと自分だけお酒を飲む姿を見て何だか腹が立ってきて…

「いっつもそうやって自分中心で、自分さえよければそれでええんやな。」と嫌味を言ってしまいました。

そういう事に敏感なオトンは烈火のごとく怒って言ってきました。

「なんやと!こんなビールの一本二本飲んだんがそんなに気に入らんのか!」

「ビールの一本二本で言ってるんやないわ!いきなり来て冷蔵庫にビール入ってたら飲んでいいんか?断りも無く。ばあちゃんが死んだんやったらそれなりにすることもあるやろ!また僕に押し付ける気か?やってくれるから助かったぐらいにしか思えへんのか?」

何やら息苦しい、思う様に口が動かない(のはその時うつ伏せで眠っていたからですが…)その時はいくら腹が立ったからと言って自分の親に向かって言うべきことではないからか…と思っていました。

「息子のものは自分のものか?そら僕らには世就職して自分らの借金返せとか平気で言うわ!時と場合をかんがえてよな!情けなくなるわ!」

というと、オトンは正論を突きつけられると「誰に向かっていってんねん!」と言ってモノにあたって自分の部屋とか違う部屋とかパチンコに逃げていくのです。

ふと、残されたじいちゃんはどないすんねん!じいちゃん…ご飯は作れるけど、おかず作られへんでな…どないしよ…僕が作るようにしようかな…でも生活時間が違うしな…

オカンは全然そんな時間には起きてこないやろしな…オトンのご飯つくるんで精一杯やし…何やねんこの家…

と思っていたら、あれ、良く考えたらじいちゃん既に死んでるやんか…

となってこれ夢か…と気が付いて目が覚めました。

オトンとの口論が生々しいだけに、なかなか夢だとは思いませんでした。しかもビールをオトンが飲むというのは割と見てたりする夢だったりします。

ちなみに酒を飲むとおいう夢は幸福が訪れるサインらしいのですが、酒を飲まれるというのは辞典には乗っていません。

死者が関係するページを見てみたのですが、特にじいちゃんが登場するわけでは無く、あくまで夢の中で僕が想像していたシーンにのみ登場していただけだったので、あまり意味はありませんでした。

ちなみに家族の死については吉夢ですので悪くない解釈がはできそうですが…

それよりもオトンとの口論という事の方が大きい。

調べてみると、口論については実は吉夢。しかも口論が激しければ激しいほどいいと言うモノ。

激しいと言うほどではないけど、オトンとの口論の夢は初めて。口論の相手か相手に関連する人間関係の改善との事。

…いや、それはあまり望んでないかな…実はこうしてブログで書くよりも、そんなに悪く思ってないのが実際です。

いい小間使いのように扱われるけど、まあ親ですからね。

だらしないけど働き者ではありますし…普通の時は命も道具も大切にするし、手先も器用だし。金銭面と自分が好きすぎるところが玉にきずですね。自分が好きすぎるから周りが悪い事になるんですよね…

« 閉店後すこし書き物をして | トップページ | 自分で気が付かなきゃ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生生しい夢…:

« 閉店後すこし書き物をして | トップページ | 自分で気が付かなきゃ »