« バンバンバン!! | トップページ | 確かにそれはある »

2013年10月18日 (金)

美容室にて

いつも行っている美容室に、今回もお願いして、カット&パーマをしてもらいました。

前回利用してからは二ヶ月以上が経過していましたので、そろそろ頃合いで、髪の伸びるスピードとしては並み程度です。

早くも無く遅くも無くと言った感じで、カリスマ■淵さんもそのように言っていました。

美容室に行くと、アシスタントの人が「こんにちは、今日はS々木さん休みなんですよ。」との事。

「はぁ…そうなんですか?」とよく分からないのでよく分からない返事をしたら、

「F兄さんが予約入れたのが今日だったんですけど、今日休みやからS々木さんすごく残念がってましたよ。」

「あ、そうなんですか、何でやろ?」

「Fさん人気者ですね?」とカリスマ■淵さんは言って笑っていました。

恐らくは手相を見て占ったりしたから、今日も占ってほしいと思ったんでしょう。

手相占いは手相を見るだけですから、特別な能力はいらないんですよね。

ただ手に書かれてることを読むだけなので、これほど楽な事はないですよね。

もちろん、読めるだけの知識は必要ですか、そんなの本を読めば誰だって分かる事だし、もっと言ってしまえば、当たるも八卦当たらぬも八卦です。

過去の事はそれなりに分かるけど、未来の事は本人の気持ちと行動次第で変わってきますし、必ずしも当たるとも言えません。

手相で言える事は、注意すべき点までです。それと、自身の脳みそが未来を読んで掌に刻んだ曲線ですので、他人がどうこう言ったところで、それ程変化はありません。が、

変る時は一日で変わります。特に運命線はすごく変わります。知能線はささくれみたいなのが増える事が多いですかね。

生命線はほとんどの人が長くて、気になるのは障害線の出方と数、そして勢いですね。それと、恋愛線の代表格の結婚線(というか相)ですかね。

概ね良く変わるのはその四つです。

それ以外はあまり変化は見られないですが…

話はそれましたが。若いアシスタントさん達は、結構手相が気になるんでしょうね。

「手相なら、また今度の機会にでもみてあげますよ。」と言っておきました。

他にも秋祭りがどうのこうのと言う話とか、ハロウィンがどうのこうの、赤い糸がどうのこうの、未来人がどうのこうのといううんちくを言ってしまいましたが…

今回美容室でお願いした髪型は、

「横は短い感じで、上はボリュームが欲しいんですよ。何か、ちょっとできるビジネスマンみたいな感じの…」でした。

「じゃあこんな感じですかね?」と出てきたのは黒縁メガネをかけた「MATU」でした。

「いや…もう少しボリュームを…」と言いかけて冗談だと気が付いて笑いました。

「大丈夫ですよ、じゃあそれで行きましょう。」と言ってカリスマ■淵さんは洗髪へと案内してくれました。

パーマが終わって、セットの段階に入り、ちゃんとセットされると。

「おお!いい感じ!これこれ、求めてた感じ!」と嬉しくなりました。

「そうですねえ、できるビジネスマンって感じですよ。」

「今流行りの髪型ですね。」と他のスタイリストさんも僕の髪型を見て言っていました。

「え?この髪型流行ってるの?」

「そうですねえ、最近テレビとかでイケメン俳優さんとかがやってたりしますよ。」

「あ…そうなんですか…」と急に後悔。

僕テレビなんてほとんど見てないから、それが流行ってるかどうかなんて知りませんからね。流行ってるなら止めたくなってしまいました。

が、いい感じではあって、自分では似合ってるとは思っているのですが…

カリスマ田■さんは「Fさん、なんか似合いますね『どうみょうじ』みたいですよ。」との事。

「『どうみょうじ』って何ですか?」

「花より団子の準主人公って感じです。」

「へー…そんなのに似てますか?

「似てる感じですよ。何か雨に濡れると天パになる人なんですけど。」

「へー…でもなんか『どうみょうじ』って言うのは聞いた事があるかもしれないですね。やっぱり花より団子の話だったんだろうと思うけど。でもその話自体はよく知らないんですけどね…」

「ドラマでマツジュンがやってたやつですよ。」

「え…あ、そうなんですか?でもそれと似てるっていうのはちょっと言い過ぎでしょ?」

「いや…マツジュンには似てないですけど、原作のマンガの方の『どうみょうじ』には似てます。」

「何かややこしいけど、準主人公ならいいやつなんですよね?だったら褒め言葉として取っときます。」

「うーん…いいやつではあるんですけど、最初めっちゃ嫌な不良のボンボンなんですよ。」

「え…じゃあ褒め言葉でもないんすか?」

「いや、褒め言葉ではあるんですけど、『どうみょうじ』が良いやつかどうかは微妙って感じですね。」

「そうなんですね…何か複雑ですけど、ありがとうございます。としておきます」

と、そこで思い出すのは、

前の店でかつてアルバイトをしてくれてたN田さんという女の子がいたのですが、その子が僕がパーマあてたのを見て

「Fさん、何かマツジュンみたいですね。」と言ってきたのを思い出しました。

その子は天然なところがある子だったのですが。

その時は『全然違うのに何言い出すんや?この子は…褒め言葉かこれは?それともバカにしてんのか?』とマジメに考えて、結論として『ギャグで言っている』と判断したのですが。

これで繋がりました。

つまりはFの髪型=『どうみょうじ』=マツジュンとなった訳ですね。

あれは11月の末頃だったと思うから、11ヶ月ぐらい前の事か。一年は早いな。

あれから卒業して就職して…頑張り屋さんだったので、今もきっと頑張ってるんだろうと思いますが。

約一年ぶりに解けた「謎の一言」にちょっと嬉しくなりました。

誰に報告したところで分からんでしょうけど。

カリスマ■淵さん、今回もうまくカット&パーマして下さってありがとうございました。

« バンバンバン!! | トップページ | 確かにそれはある »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美容室にて:

« バンバンバン!! | トップページ | 確かにそれはある »