« 非日常の効果 | トップページ | バースデー »

2014年2月23日 (日)

簡単な事だったんだけど…

僕はまあ言って見れば、ド田舎に住んでる訳ですが、そのド田舎にもかかわらず、自分が出勤しようとする時間に、

普段あまり通ってない道路にもかかわらず、T字路から少し大きな道に出ようとすると。何故か曲がろうとするときに車がやってくるんですよね。

ぶっちゃけ車が通ってない時間の方が長いだろうっていうような道路なんですよ?

なのにもかかわらずです。

何でなんだろうとずっと考えていたのです。

曲がろうとするときだけではありません。通ってない時間の方が長いぐらいなはずなのに、曲がって少し行っただけで、必ずと言っていいほど先行車両が出てきて…それもなぜか2台ならんでたりして、追い越しできないパターンだったりするんですよね。

何で、こんな事になるんだろうと思っていました。

だって変でしょ?確率から言って高すぎる気がするんですよね。

なので、それには何か理由があるハズだ!と思っていたのですが。

最近になって、やっとそれに気が付くことができました。

気が付いてみると、それしか理由がないな。と思うのですが…

もったいぶって何ですが…

いや、自分が車で出ようとするときに限って何で他の車が来るか。

理由は簡単。

基準としている時間が同じで、目的地が自分と近い場合。もしくは通過点だった場合です。

つまりは時間を基準で考えるから、どうしても行動時間が被ってしまう事があるって事です。

分かりやすい例でいくとテレビ番組が終わってからコンビニに行こうとなると、近所の人と行動が被る事が結構あるでしょ?って事です。

たったそれだけの事なのに、何かめっちゃ不思議な事のように感じていたり、憤りを感じていたりしていました。

ちょっと考えれば分かりそうなものですよね。

ちなみに、テレビは見ないけど、いつも半頃ろ目安に動く僕は、家を出るのが50分になる頃だったりすることが多いんです。

ちなみに、何で半頃かというと、本当は時間きっかりにした方がいいのかもしれませんが、そこまできっかりに動くことに何となく抵抗を覚えるのと、同時に、面倒で動くのを先延ばし先延ばししてたらそれぐらいの時間になってしまった…なんて事もあったりします。

とはいえ、物事は何でも余裕を持って行動すべきですね。少し早めに行動する事が何にとっても大切な事ですよね。

« 非日常の効果 | トップページ | バースデー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 簡単な事だったんだけど…:

« 非日常の効果 | トップページ | バースデー »