« 電話が… | トップページ | 病み歴史 »

2014年9月23日 (火)

前歯が

以前、前歯が欠けて、それを治療してもらう為に、今行っている歯科医院にしたのですが…

今もその歯科医院に行っているのですが…

何となく前歯に違和感を感じて、糸ようじで何となく掃除してたのですが…

何やら更に違和感が大きくなってしまって…

しまいには糸ようじが一発で千切れてしまう様になってしまいました…

『むむ…これは、思ったよりもやばいことになっているのでは…』

という訳で、今度は糸ようじの反対側の、何となく爪楊枝みたいになってる部分でほじってみたのですが…

それが今度は引っかかる始末…

『いよいよもってヤバい事になってきてるぞ…』

とりあえずは歯に引っかかってしまった楊枝をなんとかしなくてはいけません。

まったく、二次被害とはこの事だな…と思いながら、慎重に上下左右に動かしながら、少しずつ力を加えていきました。

力を入れ過ぎると、プラスチックの楊枝が取れてしまいそうです。細かいところに届くように先端を細くしてあるので、もろいのです。

何となく、外すことができたものの…

違和感はより一層大きくなりました。

あれ?もしかして…と舌先で前歯に触れてみると…

あ…治療してもらった前歯の間のが…外れている…?

歯と歯の間に何か外れたのが引っかかっている感じです。

『むむ…何か気になる…』

という訳で、今度は鉄でできた楊枝…というか、その昔大学の近くにあった怪しげな100円ショップで買った、歯の治療具と称した取っ手に針の少し太いのが曲がった感じでくっついているのを買ったのですが…

全然使ってなかった…ていうか使いようがなかったので、放っておいたのですが、

それを使う時が来たと思い、それで、歯の間をほじってみたのですが…

これが悪かった…

ちょっと力強くほじってみたところ…

その欠片は歯と歯の間にがっつり挟み込まれてしまいました…

痛い!

口を上下するだけで何か痛い。この痛みは…八重歯を矯正した時のにちょっと似てる。

けど、歯と歯の間に挟まってる事で、間が広がってしまって、更に挟まってる欠片が前から見えてめちゃ不細工。

これは、やってしまった…と何としてもそれを取らなくてはいけなくなりました、しかも早急に…

時間は既に深夜。

あーあ…

という事で、その欠片の粉砕に取り掛かる事にしました。

ラジオペンチでやろうとしたけど、欠片が小さくてどうも欠片だけという訳にはいかず、不可能に近い。

仕方がないので、さっきの針のやつで更にほじくる事にしましたが…

これがまた痛いのです…

が、ピン!とはじくように何度かすると…

ピン!と同時に何やら吹っ飛んでいきました。

吹っ飛んでいったのは、当然歯の欠片です。

どこに吹っ飛んでいったのやら…どっかに行ってしまいました。飛んでったあたりを見たけども何も落ちてない。

よく探す気にもなれず、とりあえずは取れたのでよしとすることにしました。

が、無理やり歯の間を広げてしまったので、その分ズキズキしました。

鏡を見ると、やはり間が広がってしまっています。

あーあ…すきっ歯みたいになってもた…

また治療してもらわなくてはいけない箇所が増えました。

« 電話が… | トップページ | 病み歴史 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前歯が:

« 電話が… | トップページ | 病み歴史 »