« つなぎ | トップページ | 無事法事が行われた模様 »

2014年10月 4日 (土)

法事だから掃除

明日は法事です。何回忌だったか…忘れましたが。とりあえず、これで最後だそうです。

という訳で、前日の今日は、掃除掃除掃除掃除…

別に掃除は嫌いではないので、やりがいがあって良かったですが。

朝は別に早くはなかったけども、とりあえず朝から夕焼けになるまで、集中してやりました。

前にやったのは…前の法事の時ですね…

ということは、もう大分やってないな…というのも、天井もさることながら、障子から何から、蜘蛛の巣と埃と…あと何や知らん細かいゴミ…

洗濯ものなのかいらんものなのかも分からんやつもいっぱいあるし…

あ、ちなみにうちの家でいう『洗濯物』とは洗って干して取り入れたものをいいます。これから洗濯するものについては『汚れもの』と言っています。

見た感じ全然使ってないとか、片割れの無くなった靴下とか…

何か酷い感じになって散乱していて…

区長なのに…何かこんなんでいいのか?と思ってしまいます。

ていうか家汚すぎ!

ばあちゃんに言わせれば、オカンが何もしないからで、オトンに言わせれば、僕が嫁さんをもわらないからだそうです。

いやいやいや、掃除なんて誰でもできるし、少なくとも自分が汚さなければ、それに汚れたら綺麗にちゃんとやってたら、こんな事になってないですよね。

邪魔くさいと後回しにしまくるから、手におえない感じになるのです。

で、手におえなくなって僕の出番という訳です。もうそれは隅々まで、気合入れてやりましたが。

お蔭できれいになりました。

前回の法事でもそうだったし、葬式のときも、お盆だってそうでしたし、これまでずっとそうだったのですが…

天井が下がってきてて、襖が動かなくなってしまっていたのです。

動かないのですが、端っこまで付けると、端の方だけは浮き上がってて、今にも外れそうなのです。にもかかわらず、反対側はキッチキチです。

ばあちゃんに言ったら、「無い方がまだいい」との事です。

なので外すことにしましたが…当然外れないのです。

日本家屋で、襖の先にあるのって、大体が柱なんですよね…

梁の真ん中が下がってきてるから、端に行くほど余裕があって、真ん中に行くほどにキチキチです。

というわけで、難しかったのですが、それでもやってできない事はありません。

ちょっと時間かかりましたが、何とかきれいに外せました。

力づくでできなくもないですが、また取り付けなくてはいけない時がくるかもしれませんのでね…

なので、壊したり削ったりなんてはできません。

襖を外すと…広!今まで視界を遮っていた襖が無くなっただけで…すっきりしました。

僕が子供の頃はきれかったのですが…まるでその頃のようです。

そういえば、子供の頃、あまり表には行っちゃ駄目だって言われてたけど、お客様用の座布団が、ひんやりして気持ちよかったり…

お客様が来た時用のテーブル(和風)が縁側の端に寄せてあるのですが、怒られた時は、その奥に隠れてた時もありました。

あの頃はじいちゃんもばあちゃんも若かったから、掃除もこまめにやってたもんな…

自分の家だから、大切にしないとな…できてないよな、僕も…

« つなぎ | トップページ | 無事法事が行われた模様 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法事だから掃除:

« つなぎ | トップページ | 無事法事が行われた模様 »