« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月25日 (水)

携帯にヒビ

そのままです。ずとポケットに入れてるだけの携帯電話ですが、何か今日見てみたら画面にヒビが入ってるんですよね…

強化プラスチックだったんじゃねーの?と思うのですが、だったとしてもヒビいったものは後の祭り、何を言ってもしょーが無い。

でもどうやってヒビいったのかな…

実は少し前に、マイク下の部分はヒビいって…ていうか何かに押された感じに割れてしまってたのですが、割れている部分と、今回のヒビとは全然違う部分で…

当然そんな事があったから、ズボンのポケットの中に入れてても大丈夫なようにハンカチでくるんだりいろいろしてたのですけど…

もしかしたら、目に見えない感じのヒビが既にいっていたのかもしれません…

とはいえ、ヒビが入ったからって使えない訳ではないですし、頻繁に使う訳ではないですから、全くなんてこともありませんし、買い替えるつもりもありません。

ていうかヒビいってないのがまだありますから、それに替えるまでです。

しかし、割れてたスピーカーの部分については、全く得心がいかなくて…一体全体なんでそんな事になったのか…

初めはストラップがその原因かとも思っていたのですが、ストラップはその部分まで届かないのです。

ではなぜ?

太ももあたりにあるズボンのポケットに入れているから、体重をかけて先のものを取ろうとした時に体重を携帯に載せてしまったのか…?

いやいや、そんな事した時ないし…

何かにぶつかったりとか…いやいや、もっと無い。

投げた?そんな記憶はない。

ポケットに入っているのを忘れて、硬い物に携帯だけがぶつかった…

これはありそうやな…

しかし自分の太ももの高さでぶつかる硬いものって何だ?壁?カット代車?カゴ車?

分からんけど、急いでたらそういう事もあるのかもしれませんスウィングドアとか?

とりあえずその線でいこか…

道具は大切にしたいですから。それに、仕事中は会社の携帯電話だって持っていますから。そっちを壊す訳には行きませんからね…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

デカにゃんこ

かつては何匹もいたうちのにゃんこですが、いろいろな事情で、今は1匹になってしまっているのですが…

時々『おいおい…あれ元うちのにゃんこじゃないのか?』っていう猫が遊びにきたりしてるのが、何とも微笑ましかったりするのですが…

ていうか、うちのにゃんこデカくね!?です。

かつて、うちの猫をいじめていたデカ猫がいたのですが、それぐらいの大きさになっています。

…もっと小さくてかわいらしかったのに…なんか、今のも可愛いっちゃ可愛いんですが…

うちのにゃんこはなんか子供の頃か生まれつきかは分からないけど、しっぽが短いのですが、デカくなってるので、しっぽが何かポンポンみたくなってるのが…『しっぽもデカくなるのかよ…』と思って、更に何か愛らしく感じたりもするのですが…

家で飼っているおとなしいにゃんこなので、近所の小学生が『あ!猫やーかわいいー!』といって捕まえて抱っこしていたのですが、

恐らく小学2年生ぐらいの女の子と1年生ぐらいの男の子、多分姉弟なんだろうと思うんだけど、女の子が抱っこしてるって言っても…猫の両脇を両手で持って猫の体はビヨーーって地面から伸びた状態になっていました。

うちのにゃんこも黙ってされるがままの状態でした。

女の子が手を放して撫でてあげようとしたらそのままダッシュして逃げていきましたが…

『やっぱうちの猫デカいよな…実質あの子持ち上がって無かったし…よいっしょとか言ってたし…』

ていうかデカいけどあんまモフモフしてないけども、柔らかそうじゃないけど抱き心地は良さそう…

だけど…猫アレルギーなので近づけないというこのジレンマ…

当然、うちのにゃんことは言うけど全く僕には懐いておらず…可愛がることもできなければ、近づく事も無理っぽい。

マスクをすれば何とかなるけど、外した後で毛がその辺についてたらくしゃみが出まくるので…

まあ、もうじき花粉の季節で、マスクしても無意味になってまうから、どうせならそのタイミングでお近づきになれればいいんですけどね。

にゃんこは警戒心が強いからなあ…抱っこぐらいさせてくれたらいいのになあ…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

質量保存と等価交換

質量保存の法則っていうのを、中学生の時に、習ったような気がするのですが、これは、原子と原子が結びついて、分子になって性質が変っても、原子の数は減ったりしないという…

要するに無から有は作られず。産まれた物質は全て、既にある物質から作られているというような法則だったように思います。

ここで、もう何年も前になると思うけど、鋼の…というアニメを見た時に、『等価交換の法則』というのが持ち出されていました。

そこでは錬金術は化学で、『物質1のモノからは1のモノしか作れない』というのが、世の中の理すべてを表しているという…

なんとももっともらしい…

確かに、恩を受けたら返すものだし、それがチャラになったと感じるまでは恩を返すために何とかしようとするし。

貸しや借りを作ったりするのは、返したり返してもらったりというのがありきだったりします。

当然質量保存の法則というのも正解で、質量1のものからは質量1のものしか生み出せないし、1の引力には1の斥力が働きます。

これも含めた上での等価交換何だろうと思いますが…

そもそも等価交換というのは、同じ価値のモノどうしの交換の事ですよね。

物々交換の常識というか何というか、等価値交換という言い方をすると、金銭についても同じことが言えるとは思いますが。

質量保存と等価交換で最も違うところは、等価交換の方には『主観』が入ってくるって事です。

それは、例えば商売だった場合売る方にも買う方にも作用します。

売る方は『ちょっとサービス』した時点で等価+αになりますし…

買う方は感謝の気持ちで飴一個渡したら等価+αになります。当然一回のやり取りで両者がこういう+αをしてたらもちろん等価交換でしょうけど、

片方だけなんて事の方が多いでしょ。

『お、この人美人やから、黙ってちょっとサービスしたろ…』とかなると、絶対片方だけになりますよね。

その時点で等価交換は成立しないんですよね。

無理に『美人を見る事ができて得したから』というふうに解釈することもできますが、それだと『交換』には値しないのですよ。

何故なら美人の方は何も渡してないから。

他にも1個100円のドーナツを妥当と思うか高いと思うかは主観によるから、高いと思っても買ってしまった時点で等価交換ならずですよね。食べてみて、こりゃ騙されたと思った時点で等価交換ならずですよね。

逆に『え!?うま!!何これ100円でこのうまさ!』ってなったらそれも等価交換ならずですよね。

そう思うと意外に難しいな等価交換って…

つまりはこの論理からすると『まあ、こんなもんか…』と思った時に等価交換が成立するってことですからね。

てことは、物理法則は保存されるが、世の中全然等価交換じゃねえ!っていう結論ですよね…

まあその方が世の中健全なんですけどね。

誰もがちょっと多めにお返しする世の中のほうが、みんな幸せになれますよね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

冷蔵庫に残っていたお肉

僕の部屋の冷蔵庫…冷蔵庫も含め、定期的に整理整頓したり、掃除したりするのですが…

先日、お正月に予約販売の予備用に発注しておいたお肉の、食べた残りを、冷凍庫に入れておいたのですが、

冷凍庫の霜がものすごく分厚くなってしまったので、当然大変にカッチコッチになってしまっていて…

まあそれはいいのですが、取り出せない状態になっちまってたので、それをガスガスして外したのを、霜を除いてから…

冷蔵庫の方へ一旦片づけることにしたのでした…が。

それをすっかり忘れてしまっていたのです。

それで…

『あ、使ってないけど冷蔵庫、ちょっと拭いておこうかな…』つまりはそれから何かを冷蔵庫に加えることなく、半月が過ぎていた訳です…

冷凍庫になるならいざ知らず、冷蔵庫の中で、それも正月に買った牛肉を二週間も保存してしまったのです。

開けた瞬間…『臭!!何これ!?』っていう臭いが…

当然そんな臭いがするなんて思っても無いから、何が入っているか思い出すまでの間…扉をそれ以上開ける気がしませんでした。

が、よく思い出したところ、先のように処置したままになっている牛肉である事が思い当たり、大きく息を止めてから大開きにしたのですが…

牛肉が腐ると…何か人間の臭い人みたいな臭いがするんですね。ビックリです。

ていうかいい肉やったのにもったいない…

そのお肉のパックは、大パックで3980円のだったのですが。焼肉用とすき焼き用とが半々で入っているというパックでした。

焼肉用の方については正月の内に焼いて食べてしまったのですが、すきやき用については、食べるまでに用意するのがちょっと大変なので、

気が向いた時に食べようと思っていたのですが…

何とも残念です。しかも腐ったお肉って茶色で…脂分も多いから何かぬらぬらしてるし…

捨てようとしたら、トレーに張り付いてて…バリバリしてるし…

手についてしまったのを、恐る恐る臭いを嗅いでみたら、

お風呂に長い間入ってない人みたいな臭いがする。

こういうの無駄遣いの一種ですよね…すき焼き用も一緒に焼いて食べればよかった。

この臭い臭いは、僕の無駄遣いに対する罰なんでしょうね…

今度から置いとかずに、ちゃんと全部食べてしまおう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

めっちゃ無駄遣い

何を思ったのか、いや、一体何が取りついたのか…

以前欲しかったけど、別にどうでもよくなったものが、ちょっと安く手に入りそうだと思った瞬間、欲しくなったりします。

インターネットショッピング恐るべし…

以前、どうしようか迷った挙句に買ってしまったのが、ヨネッ●スのステップインブーツ&ビンディングですが…

使用するので、まあ、いい買い物だったかもしれないなあなんて思っているのですが。

今回欲しくなったのはスーツです。

はっきり言って使いません。今でさえ、スラックス以外使用していないからジャケットだけのものが3着程あるし、上下揃ってても一切使ってないのもあるぐらいなのに…

何だと言うのでしょうね。

太陽光発電の工事も終わって、来月から支払いも始まるし、電気代も電話代もバカにならんというのに…

無駄使いなんてしている暇などないハズなのに…

で、スーツでも何が欲しくなったかというと…

スリーピースと呼ばれているスーツセットです。

正直なところ、ブランドなんてどうでもよかったりします。欲しくなった時というのは、友人の結婚式の時に嫁さん側の親戚の方が着ていたのを見て。

それが、着なれた感じで。すごくエリート感漂うというか、カッコいいというか…

当然、そんなの僕が着たからっていって、エリートになれるわけでも、カッコよく見れるわけでもないのですが、

それでも、何となく着こなせるようになりたいな…なんて思ったり…

要するに、ベスト付きスーツって事なんですけど。

スーツベストって、何となく好きなんですよね。カッコいいですからね。

とはいえ。

使わないんです。

いつ使うんだと言われると応えられません。

だけど、何か2着で一万円とか言われると…

『これってチャンスじゃね?』とか思ってしまう訳ですよ。安いですよね。

でもまあ、スリーピースが、自分に合うかどうか、ネットじゃ分からんわけです。つまりは2着も別にいらんわけだけども。2着だと1着5千円ですからね…

なので、もう一着は…何となくうまく着れない気がして避けてきたダブルスーツを試してみようと思いました。

どちらも試しなわけですが…

必要ない試しといえばそうですが。持ってても別に困らない訳で…

買っちゃいました。

本当はもっと値段のするものですが…安く手に入るなら…と言い聞かせている部分があります。

…いつ着るんでしょうね。スリーピースはベストが無ければ普通のスーツですが…ダブルは…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

完成度

久々の更新で…申し訳ない事に『書こうと思えば今日かけるよな…』と言う日は何日かあったのですが、それでも『眠れるうちに眠っておこう…』という、何か守りの姿勢に入ってしまう。

そういう年齢になったといえば、それまでかもしれませんが、あと10日で35歳。

まだまだそれでも十分に若い方ですが…

最近は、祖母が、口を開けば「結婚しろ」「結婚しろ」と本当に嫌になります。

本当に嫌です。嫌味も言ってきます。

そりゃそうなのかもしれません。

何となく思う時があるんですよ。

自分自身が、自分のためだけに生きようとしていない…いや、違うな…誰かの為に生きようとしている。と言った方がいいのかもしれない。

本来はこういう気持ちは、自分で家族を作って、その家族に向けられるべきものなのかもしれません。

つまりは、自分の男性性が、その向けられるべき方向を求めている…と言えば簡単なのかもしれませんが…

こういうのを感じると言うのは、本能的にそういう環境になる事を求めているのかもしれないな…

と思うのです。実際はどうか分かりませんが…

ただ、例によってそういう事は今は考えられないというのが実情です。

何てことはありません。僕が、ヘタレだという事です。

本能的にはそういうのを求めていても、理性はそうは思っていません。

今の生活もそれなりに自分では満足しています。

プライベートな時間なんて別にどうでもいいと思っています。

どうでもいいと思いつつ、この身を捧げる対象を求めている。

だからこそ、仕事に身を捧げたりするのかもしれないし、それが楽しく感じたり…

生きがいに感じる事もある…

他の事なんで別にどうでもよくなって、ただただ仕事をしている事に、満足感を感じていて、それ以外のものが必要ではなくなってしまう。

だから、心底他の事に身を費やす事が面倒になる。

仕事→回復の時間→仕事

こういうサイクルが完成される。何かほかのモノが入る余地など無いぐらいに完成度が高く、鉄壁と化していく。

だからこそ他の介入によって完成度の高いサイクルを崩されるのが嫌になる。

自分だけというのは単純だからその分完成度が高くなるし、そうなってしまうと他の介入を嫌がってしまう。

そういうのにズブズブと浸かってしまうと。どうにもこうにも…

最近祖母がホント口を開けば言ってくるし、頻度が高すぎて、もう一々反発する事さえ面倒になってくるぐらいです。

でもしゃーないですよね。自分で思うよりももっとヘタレなんですから。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

バレンタイン

年々早くなるけど…最近、本当に時間の経過が早くなった気がします。

というのも、バレンタインとか、ホワイトデーとか、そういうイベント事(オケージョン)が、年に何度かあるのですが…最近新しいオケージョンに加わったのが「イースター」ですが…

まあ、そんな事は、またイースターの時にでも書くとして。

一年365日が短く感じる理由の一つに、こういうイベントの、去年の記憶がまだ忘れないで頭の中に残っている…という事です。

数年前からそういう事がちらほらあったのですが、バレンタインの売り場を作る時もそうでしたし、最近作ったひな祭りの売場を作る時もそうでした。

『おいおい…もうかよ。この前やったように感じるぞ…記憶だってまだ鮮明に残ってるぞ…』

まあ、だからこそ、反省書なしでも去年失敗したな…と思う事を今年はしないどこうと思う事ができるのですが…

嬉しいような悲しいような…です。

失敗した事については、改善できた年はいいものの、その次の年に同じ失敗をやってしまう事がよくあります。

つまりは2年も記憶はもたないって事だし、改善してしまうと忘れてしまうという…

安心してしまうという事なんですが…恐ろしい事ですね。

何かに刻んでおかなくてはなりませんが…

それこそ、忘れないでいられる時間が長くなっただけに、過信してしまうのだろうと思います。

長く忘れないから、メモとか取らなかったりするし。

成功した時の方が課題が見えにくくなるものです。

それが、いくら偶然が大きかったり、自分自身の力で成功したわけではなかったとしても、成功した事に満足してしまうのでしょう。

思えば、こんな事を何度も何度も繰り返してきています。

最近になって少しそれが分かってきて、反省を残すようにしている部分もありますが…

それでも、成功→失敗→成功→失敗の繰り返しが多い事…

繰り返す度に『自分はなんて三流なんだ…』という事を認識させられます。

自分以外の人は、きっと一度で肝に銘じるはずです。そして、自分で二度目はない…と思うはずです。

いや、それよりも、根本的な解決法を考え出す事が出来るのかもしれません。

僕は、それに及ばない解決法しか思い浮かばないから繰り返しているのだろうと考えます。

敵は『忘却』だという事をよく思い知らされるのですが…

だったら忘れないようにするべきだ。と思うのですが、それは無理ってもんで、記憶できる時間がいくら長くなっても、新しい記憶と共に塗りつぶされてしまうものも少なくないのですから。やっぱりそういう角度から対策をするのは間違いなんだろうと思います。

当然、思い出す『鍵』となるメモやノートや反省書などは効果的ではありますが、すぐに取り出せるようになっていないと、残す意味がありません…

となると、記憶に頼るのではなくて…

忘れたとしても、自身の考え方で、成功にたどり着けるようにシステムを変更して改変を行うか…

これについては、言うのは簡単ですが、つまりは失敗した時に、考え方からガラッと変えてしまわなくてはいけないので、馴染むまでが大変になります。

が、失敗する事を考えれば、安い苦労なのかもしれません。

要するに一筋縄ではいかず、面倒だから先の方で何とかしようとしてしまう。という事です。

何事も『いいものは面倒』で、要するにそれとちゃんと向き合えるかどうか。という事ですが…

中々に難しい事です。

今日の最後に、チョコレートを下さった皆様、ありがとうございます。また一月後、お礼はさせていただくつもりですので、それまでお待ちくださいませ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »