« 罰当たり | トップページ | 軒 »

2015年8月22日 (土)

祭りがあったみたいです…

毎年あるのですが、今年はお盆から一週間後に予定されていて。

なんだかお盆祭りというには、少し涼しくなってきているイメージです。

祭りと言えば花火ですが…

今年は…せっかく早めに仕事が終われていたのですが、残念な事に、そこから、前のお店に行って、棚卸の教育を行わなくてはいけなかったので、

花火の音すら聞くことができませんでした。

毎年、別にお祭りに行きたい訳でも、花火をものすごく見たい訳でもありません。

自分で選んだ職業ですから、そういうのが無理でも別に何とも思いません。というより、何とも思わないので選んだのかもしれませんが…

いや…それは後付けやな。とはいえ、祭りを楽しむ気分にも毎年なれず、離れたところから見るのが精々で、それでも少しだけ花火の振動を、空気を伝って味わう事は…

何となく乙に感じていたのですが…

車で移動中の年もあったし、近くのお地蔵さんから見た時もあったし、穴場スポット…今ではもう結構人が来るようになってしまったけど。そこから友人たちと見た時もあった。

それらはそれらで、とても楽しいひと時だったと思う。

でもまあ、毎年もそんな事が無くてもいいかな。とは思います。

歳を重ねるにつれ、みんな忙しくなるし、自分だって時間の都合がつくときもあれば、そうでない時の方が多かったり。

それを期に集まって話したりとか。懐かしい顔ぶれを見たりなんて事も、それはそれでいい事だとは思うけど。

あまり期待や希を持ちすぎると、いざ立ち消えたり、何かあったりすると、その分残念さが倍増するので、

そういうのは期待半分ってところが丁度いいのかもしれません。

楽しそうな事は、逆に楽しくない事になるかもしれないと用心や覚悟をしておいた方が、いざという時に動けたりします。

まあそれが、何か起こった時に僕が素早く動けている理由だったりもするのですが…

ただ楽しい事だけを考えていると、何か黒い物が後ろからついてくるような感じがして、すごく不安になります。

その黒いモノは、自分や自分たちによくない事が起るかもしれない事で。ちょっとしたことを自分が怠った時に起るものだったりすることがあります。

ふと、過った事をそのままにしてしまうと起る事です。

そういう時はお節介でも、出しゃばりでもガンガン出て行った方が、後悔が少なかったりします。

とはいえ、今年も別に積極参加したい訳でもなく、市役所の職員の方々が多くの人に楽しんでもらおうと頑張っているであろう事を考えながらも何となく乗り気になれずに毎度過ごしてしまいます。

それでも、花火の空気を伝わってくるあの震動や闇夜に広がる火花を見ていると、少し興奮状態にはなります。

でもそれで充分なんだろうと思います。

何事も少し足りないぐらいが丁度いいんだろうと思います。

今年はその震動すらも味わえなかったのは少し残念ですが。また機会はあるハズですので、またその時を楽しみにしようと思います。

« 罰当たり | トップページ | 軒 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祭りがあったみたいです…:

« 罰当たり | トップページ | 軒 »