« 2016年1月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年2月

2016年2月18日 (木)

寝相

僕ってすごく寝相が悪い人で、何がどうなったのかわからないですが、気がついたら南向きで眠ったはずが起きたら北向きになってたり…

布団がふっとんでいることもしばしば…起きたときに変な体制になってて、手足がしびれているなんて事もあります。

今回は…起きたら肘が何か痛い…

どういう体制で寝てたのかわかりませんが、とにかく肘をまげると痛い感じです。痛み自体は対した事はないのですが、

何でここ?って感じです。

肘をひねってたって事でしょうか?とにかく、肘は今日は伸ばせない感じです。肘を寝違えたって事なのかもしれませんが…

筋肉痛とは違う感じだし、そもそも肘近辺の筋トレ何か全くしてないですから筋肉痛にはなりませんでしたしね。

ていうか走ってはいるけど筋トレ自体はまだ開始してなかったり…

それについては『こたつ』のせいにしているのですが…こたつのせいというよりは、自分がやってないだけですが…

しかし肘って…

よくあるのは、僕は関節が弱いのですが、朝起きたら股関節が痛くなってたり、あと肩ですね、特に肩が多いと思います。

何度も肩は外れたことがあって、脱臼癖のようなものがついてしまっているので、ちょっとしたこと、普段の生活でも簡単にズレたりして、注意が必要なのですが…

寝てるときはそんなの気にできないので、起きたときに外れかけてたとか、しびれてて動かせない状態で、外れてるんちゃうか?と朝一で勘違いさせられたりとかいう事が結構あったりします。

何なんでしょうね、この寝相の悪さ。

じっとしているのが苦手なのは自分では知っていますが、寝ているときまでなのでしょうか?そうなったらそれはもう筋金入りとしか言いようがないような気がします。

ちなみにキーボードを打ち込んでいるこの感じでも何かズキズキ…

よっぽど変な寝相だったんだろうと思います…

何とかしたいところですが…治し方なんて全くわからん…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

ぶん投げたって事!?

詳しく知らないですが、どこかの施設で過去、相次いで3件ぐらい転落事故があったようなのですが、どうもその転落事故、犯人がいて、施設の階上からお年寄りを投げ捨てた…との事。

何やってんだこいつ…と思うのですが。そいつが警察に捕まったという報道が…

しかも盗難でその時には施設を追われていたとか…

むちゃくちゃやな…

何でそんなことをしたのか。投げられたお年寄りはその瞬間何を思ったのか…

それを思うとすごく切なく感じてしまいます。

僕は依然介護の仕事をしていました。

同期は褒められたものではなかったけど、それでもやりがいも感じたし、仕事なりで手はかかってもも利用者さんの事はみんな好きでした。

レクは楽しかったし、食事も入浴介助も就寝、着替え、その他、利用者さんとの接触で本当に嫌な事なんて何もなかった。

施設で嫌な事はむしろ職員同士の事でしたが…

まあそれはそれとして…

それを何で突き落したりする必要があるのか。手を焼く人だからってとてもそんな考えには及びません。一体何があってそんな考えに及ぶのか…

何十年と生きて、苦労してきて、脳の病気になってしまって、手がかかり始め、家族とは離れて暮らさなくてはならなくなったり、家族がいなくなってしまったり…

人間年を取ると失うものが多くなります。それだけでも寂しいのに…

そんな命の失い方ってあるか…

虚栄心のためだという報道もありますが…もしそうであるならクソヤローですね。

自分のショーもない見栄のために人の命を使うやなんてボケすぎる。

自分がされる側だったらどう思うとか考えないのか。

捕まえられたからと言って奴は悪いことをしたと心からは思わないでしょう。

『したらあかん事やから警察に捕まった』ぐらいにしか思わないのではと思います。

そんな奴が多くなっているのか?それとも、そういうやつが起こす犯罪が目立つようになってきたのか。

とにかく嫌な世の中であることは確かですよね…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

欠けた歯がどうしたか

年末か?もう忘れたけども、前歯が欠けてしまってて、これは、以前治療して、何かエナメル質的なものをかけた部分に取り付けてたのですが、その部分が取れて、また欠けたみたいになってたところなのですが…

歯医者に行こうにも、予約が取れない状態で…

そもそも右奥歯を治療中のまま放置してしばらく行っていなかったので、今更というところもあるのですが、左奥歯と前歯が使用できない状態で、左奥歯ぐらいでものを噛んでたので、ていうか噛めてないので、

割と丸呑み的な感じでした。

なのでやっとこ今日予約が取れて治療に行くことができて、前歯を片方だけ治すことができました。酷かった方。

左側のみですが。右側はまた今度との事。

そのまた今度がちょっと先で。今度は3月7日だそう…

2週間以上先です。そんなんどうなるか分からん…

月一回ぐらいのペースで、ホンマに治せるんかな…そもそも休みがうまく取れないから治療しに行けないのであって…治す気が無いわけではないのですよ。

右奥の歯が治ったらいい肉をがっつり食べる事を目標としているのに…

もう5年ぐらい?放ったらかしになっています。

正直月一回ペースはちょっとめげそう。

他のところに変えてもいいけど、いまのところはやはり治療も丁寧だし親切だし。

歯科衛生士さんに美人が多いし。

まあしばらく行かなかったのは僕の方にもいろいろと悪かったところもあるし。今しばらく通ってみようかと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

バレンタインデー

今年もバレンタインデーがありました。まあ毎年あるのですが…

毎年それに向けてチョコレートが売れるのですが、今年も例にもれずよく売れていました。

これも毎年の事ですが、僕らの職業はバレンタインにはもうバレンタインの事は考え終わった後で、次のホワイトデーの展開とか、ひな祭りの売り込みであるとかを考えたりしています。

…と今日はそんな事を書こうと思ったのではなくて…

毎年、本当にたくさんチョコレートをいただきまして、本当にありがたい次第です。

女性からモノを送られるというのは、男性として喜びです。それが義理であったとしても嬉しいです。

ホワイトデーというものがありますが、よく考えればお返しなんて別にそれよりも早くても良いんですよね。何にしようかと考える楽しみもありますしね。

それはそうと、

バレンタインデーをひがんでいる人とかってホントにいるのか?

と思います、ドラマや漫画や小説なんかではそういうことが描かれたりしますが…

そんなそんな他人をひがむ程に欲しがるものなのかと思います。

そういう意味でリアリティを感じないというか、エピソードの一つとして盛り上げようとして古くからの風習を無理やり引っ張ってきているような気がしてならなかったり。

ひがんだりしねー…とかって思いますからね。

少なくとも現実で見たことはありません。

僕の知っているやつは14日付近に、バレンタイン用のチョコレートを買うことを避けて、後で買ったり、逆に店頭に並んだ段階とかで買ったりしていたのを覚えています。

なんとなく『自分で買ってる痛い人』みたいに思われるのが嫌なんだとか。

確かにそういう風に思うのもわかるのですが。それはそれで考えすぎな気もしますよね…

でも、女の子とかからしたら、チョコレートを渡すことで…いや、そんなロマンチックな事は今は昔の事なのかもしれないですね。

一応言っておきますが、バレンタイン否定するつもりはありませんよ。

僕が言っているのは、昔ほどバレンタインははっきりした目的や思考があるようにも思えないって事と、14日にもらうチョコレートに期待を乗せるにはあまりに現実的でないって事ですね。

先も書いたけど、もらう事はとてもうれしいです。それとは違うのでお間違いのないように。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

そういえば、維新の時代新選組に芹沢鴨なる人物がいたような…

まあそれは今度調べてからという事で…以前も書いたことがあるかもしれないですが、学校では日本史は、縄文時代から始まって、少しずつ現代に近づいてきて、大体が近代史あたりまでで終わってしまうんですよね…

中学も高校もそうでした…大学はそんな勉強はしなかったので…

それも決まって3学期の後半とかは先生の『ここまでいかなくてはいけない』という焦りのようなものが見え隠れしまくってて、特に面白い明治維新の頃はすっ飛ばされてしまったりするのです…

『えーこのあたりは、日本が大きく変わる動乱期ですが、それさえ理解していればいいです…』的な事を言われて終わったような気がします。

日本の動乱期ならもっとやらなあかんのとちゃうか?少なくとも卑弥呼がどうこうとか石器時代がどうこうとかいう事よりも重要なのではないのか?とか思ったりもするのですが…

まあそれは置いといて、今日鴨という題名にしたのは、別にそういう明治維新の時代の記事を書こうと思ったのではなくて…

通勤途中に歩道橋のある信号交差点があるのですが、その脇に大きな池があって…夏の終わりから真冬の間も、ずっと鴨が生息していたのですが、毎年そうなのですが…

当然渡り鳥である彼らは節分の少し前あたりからどこかへ行ってしまったのですが、あの池の水も氷るような寒さの中寒いだろうに池の水にぷかぷか浮かんでいました。

今年一番の寒さの時は鴨が集合して身を寄せ合っていましたそれもコガモたちもみんなくっついて、地面のようになっていました。

それをかわいいと思う反面寒そうでかわいそうだな。と思いましたが。

鴨たちは何を思って池の中にいるんだろうと思うとちょっと不思議でした。

確かに、水は水である以上零度以下にはならないのですが…って日本語おかしいですが…

もしかすると、水中の方が外気よりも温かいということなのかもしれませんが…それは鳥類も同じなんでしょうかね?魚はなんとなくわかる気がするけど。

それはそれとして、鴨は見た目の色とかもなんかかわいい気がするので結構好きで、信号待ちの時とかしか眺められないけど、もっと見ていたくなる感じです。

また夏の終わりぐらいに帰ってきて欲しいですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

ボード

今年は全っ然寒くなかったので、スノボに行くことができませんでした。できれば毎年12月には1回1月に2回は最低行きたいところですが、残念ながらその時には雪が全然なくて、全面滑走不可の所が多く、

また短い距離滑るだけなんて面白くないので、長距離滑ろうと思ったら、やっぱり山頂までリフトが動いていることが最低条件になるので…

とにかくスキー場は全然やってないのとイコールだったという事です。

で、今年はもうあきらめムード。もしかしたら1回もいけないかもしれないな…なんて思っていたのですが…

前日雪が降ったみたいで。丁度計画していたので、会社の友人と一緒に行ってきました!

いやー久々に行きましたが。

やっぱテンションあがります。やっぱ冬はボードでしょ。

だって、今年は車を替えたので、キャリアも新しくしなくてはいけなかったし、タイヤも新しくしないとだし、

まあとにかくお金がかかりましたが。それでも安全に行きたかったし、楽しむためには事故なんて嫌でしたからね。当然簡易型の保険にも入りながらですし…

結構金銭的なハードルは高かったのですが、そうしてまでも行きたかったので、行けてよかったです。

ちなみにキャリアとかタイヤとか、3年ぐらいで元がとれるかなぐらいの計算です。

独身貴族でないとできない選択ですよね。

おかげで今月はちょっとキツキツですが…

あ、キツキツで思い出しましたが、一年ぶりにボードに行って、実際滑ろうとした時に一つ…いや二つ弊害がありました。

①年齢が35を上回って、体力が急激に低下していた事。

いや、まさか山頂から下まで一回滑ってきただけで、割と足に来るなんて…

それと、ちょっと息切れ…

二年前に同じ友人と同じように同じコースを降りてきた時にも同じような事を書いたかもしれないけど、正直僕はそれほどでもなく、友人がそうなってきたって事の方が多かったのですが…今回は僕自身もそうなってました。

いや、でもこれは筋トレをさぼってたからって事にしておこうと思います。今後は筋トレをさぼらずにいかなあかん年齢だという事を実感することにします。

②おなかのお肉が邪魔でステップインビンディングのレバーが引けない…

実際には引きにくいだけなのですが…

それでも『ふっ!』とそれだけに力を入れて手を伸ばさなくてはいけません。

楽にビンディングを取り外せるのがステップインのいいところなのに、半分スポイルしてしまっているところが残念です…

いや、残念なのは僕の腹肉か…

これはこれで筋トレの必要ありです…

楽しい反面反省もあった日でした。

ちなみにすでに当日というのに筋肉痛です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木)

ねずみずね

ネズミが…僕の部屋に生息しています。カリコリ聞こえるんだけど、一体全体何がどうなって、僕の部屋に奴が入り込んだのか、さっぱりわかりません。

分かりませんが、わかることが一つ。

置いていたお菓子だとか、保存食だとかを片っ端からかじり倒してて、引き出しの中だとか、籠の中だとかが、もうなんか目も当てられない感じになっているって事です。

何でこんなことになったのか…

僕の部屋ができてからというもの、部屋にネズミが入ってくるなんてことはかつて一度もありませんでした。

まあ、猫がいたというのもあるけど、いなくなってからも来た事はありませんでした。

どうやって入ったのか…引き戸の反対側を開けて入ったのかもしれません…

しかも、今現在どこにいるか全く分からない状態で、ダイ▼ーやらホームセンターやらでトリモチシートを買ってきたり、毒の餌を買ってきたりして、セッティングしているのですが、そのどちらも、全く見向きもされない状態で…

全然どうしていいのかわかりません。

姿は見えんし罠にもかからんし、その辺の食べ物かじりまくるし…

もうホント発狂しそうです。

ていうか、ベッドの下には食べかすのようなものが広がってて…

食べた…と思ってて食べてなかったサンドイッチのプラケースが落ちていました。

サンドイッチは見るも無残な感じで、残り少なくなっていました。

『これ一匹で全部食べたのか…ていうかこれいつ買ったっけ??』こんちくしょー!!

フンもその辺にいっぱいしていましたし…畳をかじりまくってるし…え?これ畳の一部?っていうのも落ちてる…いや散乱していたし…

掃除機は満タンになってて、吸引力が弱まっていたので、ホースを引き抜いて中身を取り出そうとした時、

ホースの方にまで例のゴミが到達してしまっていて…

勢いよく抜いたものだから、その辺に散らばったりするし…

正に言うがごとくに散々です。

早急に捕まえなくては!!イライラ…

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

車が直ってきた

6月に車を買い替えて、早速ですが、工場入りしていました僕の車が帰ってきました。

本来であればポールにあたって止まるはずが、馬力があるのでそのまま突き進んでしまって、タイヤを超えてしまったので、仕方がなくそのまま突っ切るしかなかったのです。

だって戻ったら今度はポールがエンジンとかに刺さってしまうからね。

なのでそのまま通過したのですが…

どうにも酷い感じでボディが歪んでしまったので、修理を余儀なくされました。

そしてやっとこ、自分の車との再会まで2週間ぐらいかかりましたが、帰ってきたときは嬉しかったです。

仕方がない事ですが、物損事故として保険適用しました。毎月の支払はまあまあ増えますが仕方がないことです。

スタッドレスも注文したところだったので、ちょっとくやしいですが…

まあスタッドレスは仕方がないとしても、事故は防げたか…いや無理か。

あれはまあ起こるべくして起こったような…避けることはできませんでしたね。むしろ避けたのは僕の方です。

でも、自分の車がいかな馬力があるかという事と、視界の悪いところではもっともっと慎重にならんといかんという事と、子供は怖いという事が一つわかりました。

ちょっとだけバンザイアタックを仕掛けられたアメリカ兵の気持ちがわかる気がしましたが。それは状況も環境も違いますので多くは書かないことにします。

でもまあ自分の車が帰ってくるというのは嬉しいもので、帰ってきたときに

『ああ、これ僕の車のにおいや…』と、6月末に受け取って、それほどまだ乗りこなしていない実状の車ですが、思いました。

ちなみに台車ですが、結構最新のムーブでしたが、軽なので馬力も当然のことながら、車幅が3ナンバーの僕の車とは違って小さかったので、

恐らくは他の車から見たら

「なんであの車えらい右寄りなんや?」

ってなってたと思います。できるだけならそうとはしましたが…

その反動で今自分の車乗ってちょっと左側怖いし。ぶつけそうで。

もう冗談じゃないですが…

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年6月 »