« いつか自分で作ったのだろうけども | トップページ | 電動ひげそり »

2020年12月29日 (火)

猫アレルギー進化する…

僕の持つ猫アレルギーですが、これまではせいぜいがくしゃみが出て止まらないぐらいのものでした。

ここ数年、実家にはそれほど住んではいなく、会社の寮や、今は自分で借りて住んでいます。

だからここ5年は猫に接触することなんてほとんどなかったのだけれど…

この前、弟が結婚するから…という事で、実家を片付けるために帰ったのですが…

実家には猫が22匹もいて、ちょっと大変な事になってます。

Itsゴミ屋敷です。

あんなところお嫁さんが見たら引く…ちょっとだけでも片付けねば…

と思って片付けようとしたのですが、数時間たった時にくしゃみが落ち着いてきてて、こんな事もあるのかな?ぐらいに思ってたのですが、やたらと頭皮が痒いというか…

頭皮が荒れてる時って痒いですよね?あんな感じだと思ったのですが、いつもは、頭皮を大切にしているので、ブラシタイプの櫛で撫でるようにかくのですが、何分実家なので、そんな都合の良いものはその辺に用意してありません。ちょっと探したらあったのがステンレスのコームタイプの櫛でした。

『ま、いっかちょっとぐらい…』とそれでかく事にしました。探してる時間かなり痒いのも我慢してたし、実際爪とかその辺のとがったものとかでやるよりは良いはずという判断でした。

でも…それがいけなかった…

痒いのが猫アレルギーによるものだとは全く気が付かずに、櫛をポケットにさしてかいかったらかいてかいてしていました。

あるときふと、やたら汗が出るな、そんな暑いっけ?11月でした。そんなに寒くはないけど、少し動いたぐらいで、汗ばむほどでもありませんでしたが、やたら出てくるなと思って、手の甲とかで拭っていましたが。

ふと、ぞうきんを手に取ろうとした時に畳が血で汚れているのが目に入って…

『?…なにこれ、こんなん前からあったっけ?』

いやいや無いし、え?何の血?意味分ら…と見ると手のひらも手の甲も血が付いてまっかっか。ついでに櫛を入れてたポケットにもついてます。

え、この汗ってもしかして…袖にもついてるやん!

しかもまだまだ痒いし!どうなってんねん!

という事で、かきすぎて頭から出血しまくり、これは異常だという事で即病院に行きました。病院に行って、血液検査をして、アレルギー反応が出て、見事に猫アレルギーである事が判明しました。

ちなみに、血液検査の結果、「専門医じゃないから自信がないんだけどFさん脂肪肝の傾向がありますよ」との事。

なんだと!

「最近体重増えました?」

「ああ、コロナで半年以上運動してなかったんです、少し前から再開してて、体重も少し戻ってきたのですけどね。筋トレとかはまだまだ回数少ないですけど…10kgぐらいは去年より増えましたかね」

「そうですか、そんな感じの数値ですね、急に数値が増えた感じです。運動再開したのであれば、あと食生活を少し改善すれば大丈夫だと思いますよ、脂肪肝であれば」

「違う可能性もあるんですか?」

「ええ、専門医ではないので、内科の先生に聞いてもらった方がいいです。」

「あ、もっと達悪いやつかもしれないって事ですかもしかして?」

「いや、他の項目はすごく正常なので、恐らく悪い事は無いと思います」

「そうなんですね、じゃあ脂肪肝でいいです。食生活気を付けるようにします」

などというやり取りがありましたが…

かゆみ止めの薬と怪我に対する痛み止めを処方してもらいました。

かゆみ止めは結局そんなに飲みませんでした。次の日ぐらいかな?

よく考えたら実家は猫いっぱいいるけど、自分ちは猫いないからね。アレルゲンが無いから痒くならないんですよね。

とはいえ、もう実家の掃除はあきらめました。弟の嫁は引くかもしれんが仕方ない。まあ一緒に暮らす訳でもないしそれでもいいやろ。

結局いったん家来てからどっかの喫茶店で話したみたい。

何でうちの実家はあんな汚いのを放置する奴らばっかなのか。

僕の部屋は猫が近づかないのできれいな状態を維持できています。頻繁に掃除してたしね。

それでも今後あそこに泊まるのはかゆみ止めがいりそう。22匹もいらんぞ、どうにかせなあかんやろ…

« いつか自分で作ったのだろうけども | トップページ | 電動ひげそり »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。